辰野金吾小伝



佐賀県唐津生まれ
  東京駅を設計した辰野金吾は、嘉永7年(1854)8月22日に今の佐賀県唐津市で生まれました。明治3年、17歳
の時に藩の英語学校に入学。教師は高橋是清で、同級生に曾彌達蔵がいました。明治5年に高橋是清が帰京する
と曾彌も辰野も相次いで上京します。徒歩と船を乗り継ぎ、横浜〜新橋間は開通したばかりの鉄道を利用、それでも
唐津から12日間の長旅でした。
工学寮入学
  明治6年、20歳の時、工部省工学寮第1回入学試験に辛くも合格。工学寮は赤坂葵町旧川越藩邸大和屋敷(現
ホテルオークラ)に置かれ、のち虎ノ門(現霞ヶ関ビル)に煉瓦造の校舎を新築して移転します。工学寮は新時代の
人材を養成するため、すべて官費でまかなわれ、何もかもが純英国式でした。
  辰野は教養課程終了後、造船志望をやめて造家科(建築科)に進みます。同級生は宮伝次郎(病死)、曾彌達
、片山東熊、佐立七次郎ら5名でしたが、辰野は目立たない学生だったようです。
  明治10年、工学寮は工部大学校と改称、25歳のジョサイア・コンドルが教授として着任すると、構造や材料学中
心の講義にデザインなどが加えられ、芸術教育へと転換していきます。
  明治12年11月、26歳で工部大学校を首席で卒業しますが、首席卒業者は官費留学が約束されていました。それ
は帰国後、給料の高いお雇い外国人に替わって後進の指導にあたることを期待されていたのです。
英国留学
  明治13年2月8日、留学生たちはロンドンに向け横浜港を出帆。化学、土木(鉄道・灯台)電信、機械、造船、紡
績、冶金、鉱山、造家など工部大学校の各科の首席卒業生ばかり総勢10名で、辰野金吾も大きな期待をになって
出発します。
  ロンドンに着くと、ロンドン大学の建築過程および美術過程で学ぶ傍ら、キューピッド建築会社に5ヶ月、ついで建
築家ウイリアム・バージェスの事務所の研修生として建築の実務を学びます。明治15年にロンドンを発ちフランス、イ
タリアをまわって帰国したのは明治16年5月下旬のことでした。
建築界をリード
  留学から帰国した辰野金吾は建築設計と教育の両面で華々しい活躍をします。明治17年12月にジョサイア・コ
ンドルの後任として工部大学校教授に就任、明治19年、33歳の時には銀座に辰野建築事務所を開設します。
  辰野金吾は建築家として日本銀行と中央停車場と国会議事堂の3つの建築設計をしたいと語ったと伝えられて
いますが、明治21年、日本銀行本店の設計者に決定し、調査のため2度目の外遊をします。日本銀行が竣工するの
は明治29年3月22日で、以来、辰野家ではこの日を特別な記念日として無礼講が催されたそうです。
  明治35年末で工科大学教授を辞任すると、翌年、50歳で辰野葛西事務所を東京銀座に開設、明治38年には大
阪に辰野片岡事務所を置き、日銀の各支店をはじめ全国規模で建築設計の仕事を展開します。
  中央停車場の設計を依頼されたのは明治36年、設計が本格化したのは39年頃で、設計が終わらないうちに明
治41年に着工し、大正3年に竣工します。
 国会議事堂は、コンペの第一次審査までかかわったものの、大正8年3月25日に赤坂新坂町の自宅で息をひきとり
ます。享年66歳でした。
  辰野金吾は東京、大阪に建築事務所を持ち、多くの建築作品を残しますが、時代のニーズに対応するために組
織を整えて精力的に仕事を受注し、同時に多くの建築実務者を育てたといえましょう。
墓所常円寺
 辰野金吾が葬られたのは新宿駅に近い常円寺で、青梅街道を挟んで超高層ビル群が林立する場所で、昔の地名
では淀橋区柏木1丁目です。16世紀末に建立された日蓮宗の古刹です。

  


トップへ
トップへ
戻る
戻る