亜 2007
スタジオ ロメロ  Diary (2007年)
  Atsuko Miyamoto
2006/1/1 〜現在
2005/9/1 〜12/31
2005/6/1 〜 8/31
2005/4/1 〜 5/31
Diary        
 
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 ■ 宮本亜都子/ Diary   2006/1/1 〜2007現在


 
10月17日(水)
 
あんまりインターネットとか見ない。
でも必ずインターネットに接続したら見るページは気象庁の天気予報。
お気に入りに入っている。別に気に入ってるわけでゃないんだけど。
 

 

                  
 
 
10月15日(月)
 
マタニティスイミングの同窓会があった。
同窓会といっても、スポーツクラブ側が主催しているもので簡単なものだけど。
案内ハガキには、おやつとお茶は準備してあります。と書いてあったので
ワクワクして行ったら、準備されていたのは子供用のおやつだった。
がーん。誤解をしていたのは私だけだろうか。

妊娠中の限られた期間のつきあいだけど、先生やもう一度会いたかった人に会えてよかった。
これも何かの縁。
 
       
 
 
10月13日(土)
 
熟睡していた娘が小島よしおが出てきたらムクっと起きた。
テレビに釘付け。その後またZZZ。。。す、好きなのか??
 
       
 
 
10月10日(水)
 
クルシージョは苦しーじょ。

先週の金曜日から小松原さんのところでやっているクルシージョがあった。
イサベルバジョンとホアキングリロ。
この一流どころを招聘しコントロールできるのが小松原さんのすごいところだ。素晴らしい。

イサベルのクラスは本当に楽しかった。小柄で細身だし体型がまるっきり違う私にはなかなか難しいけど。
セビージャの香りが漂ってくる。乾いた足音。
ホアキングリロのシギリージャは全く理解不可能だった。。
最初2日間ぐらいは目を皿のようにして耳をダンボにして集中していたけど、
ずーっとずーっと集中して彼の顔を見て言ってることを聞いていると、グリロが彦摩呂に見えてきた。
一生懸命説明してくれてるのに、「オレはフラメンコの宝石箱やぁ〜」にしか聞こえない。
こうなりゃ難しいパソはもう入ってこない。そうでなくっても不可解なのに。。。

あ、ちなみに彼の名誉のために言うと、今の太い彦摩呂でなく、関西ローカルで活躍していた頃のかっこいい時に
似てるんですけどね。声質は彦摩呂そのもの!

6日間のクルシージョは今日終り。
ほっとする反面なんか寂しい。

またスペイン行きたくなった。。
 
       
 
 
10月1日(月)
 
大学時代の友人が地元へ帰るので送別会が新宿であった。
入学したのが1991年。もう15年もたつんだ。
それぞれの人生。
久しぶりにちゃんぽんで沢山飲む。楽しくって酒も進むってもんだ。
 
       
 
9月30日(日)
 
人は見かけによらない。
子供を連れていたりすると色んな人が笑ってくれる。
周りに興味がなさそうな高校生、ちょっと強面のお兄さん、
無愛想そうなサラリーマン。
意外と同じような子連れのおばさん(おっと失礼!)の方が周りが何も見えてなかったりすることも多い。
 
       
 
9月27日(木)
 
たかが粉もん、されど粉もん。連続して粉もん話。
このところ連続してお好み焼きを作ってる。一回ツボに入ったら飽きるまで食べ続けるんです私。
お好み焼き粉(日清の色々グザイが入ってるのがよい)、たまご、木綿豆腐、レタスを入れるのだ。
通常のお好み焼きよりもさっぱりしていて幾らでも食べれる。
My娘もすごい気に入ったようで、そんじょそこらのモデルさんもビックリ!ってなぐらい食べてました。
 
       
●  2007  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 
9月26日(水)
 
あんまり東京に美味しいタコヤキは売ってない。お祭りの屋台で売ってるのは一個食べてオェーだし
銀だこもさほど美味しくない。冷凍のカトキチがまだいけるぐらいだ。
冷凍食より不味いってかなりどうかと思いますが。。。
 
       
 
 
9月25日(火)
 
前に取材されていた妊娠出産本が発売になってます。
成美堂出版 「30代からの妊娠・出産BOOK」¥1300+税。
私に言ってくれれば、2割引で取り寄せられます。何故か独身率が一番高い火曜日クラスが全員お買い上げ!

 
       
 

 


 
9月24日(月)
 
ギャル曽根ちゃんうらやましい。。。。
 
       
このページのTOPへ

9月23日(日)

お彼岸。お墓参りにいきました。
ワンカップのお酒でも持っていくべきだったと後で後悔。
義父はお酒が大好きだったようなんで。

 
       
 

 


 
9月20日(木)
 
現在ライブは月1が限度。しかし本当にありがたいのは、
踊らせてくれる場所があること、誘ってくれる人がいること、見に来てくれる人がいるということ。
本当に感謝しています。
本日は初アルハンブラ。
久しぶりのまさりんと初アーシャ。その生徒さんのるみちゃん、ゆうきちゃん。
ギターは「殿」さいとうまこと君、カンテは久々のあやちゃん。
初めての人が多かったんですが、なんか気を遣うことなく、
(自分の踊りの出来はさておき)ええ感じの心地よさでした。
 
       
 
 
9月17日(月)

大変長らくお待たせしました。
日記の更新のやり方がわからなくなってしまって放置してたらあっという間に4ヶ月。
夏が終ってしまいました。
さっきやり方を教わったのでちょっと真面目にやろうと思います。
少しためてた日記、前後しますが、アップしました。(5月3日より滞ってました。「かしわもちち」から。。)
 
       
 
 
6月6日(水)
 
スペイン留学中のAっちが一時帰国した。
テクニカパルマクラスに顔を出す。
9ヶ月ぶりに会う彼女は懐かしいような、それでいて昨日も会っていたような。。
元気な顔を見せてくれてうれしかった。
きっと体中がスポンジのように毎日毎日色んなことを吸収しているんだろうな。
 
ワインやおつまみをお土産に持ってきてくれたので皆で食べた。
う〜ん、スペインの味だぁ。
 
日本のデパートやレストランで食べるそれらのモノ。
同じスペイン産でも税関を通って、
日本にやってきて、また店で売られているモノの味は
どうしても現地で食べるそれとは味が違う。
フラメンコも同じだと思う。
時間がたつにつれてどうしてもその空気が変わっていってしまうような。。
彼女がお土産に持ってきてくれたワインやチーズや生ハムと同じで、モノを一口食べただけで、匂いをかいだだけで
スペインが直接感じられた。
踊りもそうだ。フィルターがかけられていない、そのままのモノ。
荒削りだけどなんだかやっぱりスペインの香りがするんだろう。
毎日毎日スペインでスタジオにこもってる必要はないと思う。
そこの食べ物を食べ、飲み物を飲み、そこの言葉を話し、同じ時間を過ごす、同じ空気を吸う。
そういう当たり前の日常生活を、そこでしかできないことを体験することで
きっと見えてくるフラメンコ観があるんだと思う。
 
       
 
5月30日(水)
 
ブラッキーが寂しそうだ。
やっぱり娘が生まれてからかわいがり率が減ったからかな。
私が座ってるソファーの背もたれにチョコって乗ってるブラッキー。
ほどよい距離で近づいていたいらしい。
ストレスのせいかよく餌を食べる。食べすぎ。腹ですぎ。
だから近所の人には妊娠してると思われてる。
男なのに。。。
       
 
5月13日(日)
 
夕方散歩にでかける。
明日は雨かも知れない。
サワサワの風は明日の雨を運んでくる。
天気予報士よりずっと確実だ。
 
今日のこの風は樹樹を枝枝を葉葉を饒舌にさせる。
植物体型は違うけど、海の湿気が混じった風と会話するモルジブの樹と同じだ。
樹の言葉は万国共通。そう感じさせるそんな匂いがした。
 
触覚と嗅覚が敏感になるそんな日は年に何度とない。
今日はその一日。
       
●  2007  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

5月10日(木)
 
”ニセ亀”という猫が最近家の周りをウロウロしている。
 
 隣の実家にいる猫は「さっちゃん」「大ちゃん」「かめ」「ミケ」の4匹。
新しく見かける その猫は「かめ」とソックリなんで「ニセかめ」と呼んでいる。
違いといえば、尻尾が短いのと、ちょっと汚れているところだ。
 
「かめ」と「ミケ」は飼い主に捨てられた。「さっちゃん」と「大ちゃん」は大黒屋でもらってきた。
 ちなみに「さっちゃん・大ちゃん」は我が家の「ブラッキー」とは腹違いだか種違いだかである。
 
猫は猫を呼ぶのかニセ亀は実家と我が家の敷地内にウロウロしている。
たまに「ブラッキー」がいじめられている。
今度水鉄砲でも買ってきて攻撃することにした。
       

5月3日(木)

例のスタジオ前の「みゆき」で「かしわモチ」を買った。
きっと今日の母乳は「かしわモチチ」。
ところであの葉は食べられるんですか?
以前勝が「これは食べるものだ」とバクバク食べてましたが、それはちょっと信じてない。
       

5月2日(水)

パーマをあてた。
美容院に行くのは10ヶ月ぶりかも!
本当はわかめちゃんぐらいのオカッパストレートが好きなんですが
まさかそれでは踊れまい。
そろそろ本番もはじまるから。不器用な私はなるべくすばやくがモットーです。
       

5月1日(火)

子供連れて買い物とかに行くと、知らない人に色々話しかけられる。
そういうのはキライでないので、私は楽しんでるのだけど、
中には、自分のことを話したくて話したくて仕方ない人がいる。

「あらぁまだ歯が生えてないのね」といいながら、その人の入れ歯話になる。
「肌が弱いのね、私と同じだわ」赤ちゃんとドモホルンリンクルを一緒にする。
そして野菜を食べないと腸の調子が悪いとみのもんた話へ突入する。

そういう話も楽しくなくはないのだけど、明らかに言葉のキャッチボールをしようとする気がない人
との会話は苦痛なので、笑顔ですーっとバギーを移動させるのですが
その方々もすーっと瞬間移動してくださる。
 
       
このページのTOPへ

4月28日(金)

最近娘が「かーたん病」だ。
色んなことがわかってきたのか私の顔が見えないと泣くときがある。
オチオチトイレにも行けないときもあるけど、
ちょっと嬉しかったりもする。


 

 

       

4月24日(火)

これまたTさんから新鮮なソラマメを頂いた!いそいそと皮を剥いたよ。
明日ゆがいてシンプルに食べよう。
でも沢山あるからソラマメと生クリームとベーコンを使ったパスタも作ってみよう。
きっとショートパスタが合うでしょう。ファルファッレとか。
食いしん坊手間をおしまず。

つい最近別のTさんから日向夏をもらった。
私の大好きなまっ黄色、黄色助。皮はマーマレードにしてみようかな。

で、マーマレードってどうやって作るんですか?誰か教えてくださしすせそ。


 
       

4月17日(火)

あんまり和菓子が好きではなかったんですが、このところ嗜好が変わったのか
洋菓子よりカロリーが少ないから、よく食べるようになった。
スタジオ前の「みゆき」というお店の大福がサイコー。
ここは赤飯も絶品です。早く行かないと売り切れます。お早めに。

 
       

4月10日(火)

妙にゾロメな日。
スタジオで携帯をのぞいたら11:11。
授乳時間を見たら1:11。
2:22、3:33、5:55 と続き、パンの購入金額が555円。 

 
       

4月6日( 金)

久しぶりに実家に帰って自分のモノを処分していた。
大学から東京に住んでいる私のモノはもうほとんど実家にはないんだけど。
それでも久しぶりに見ると結局懐かしくて、整理どころではなく思い出感傷会となる。
アメリカ留学をするきっかけとなったホストファミリーからの手紙。
フロリダの家の前で拾った大きな松ぼっくり。
幼稚園のときのバッヂ。パティ&ジミーのティッシュケース。
高校時代の生徒手帳。子供の頃のママゴトグッズ。孫悟空のかとちゃん人形。
どれもこれも私の人生の大事な大事なヒトコマ。

思い出という財産はモノで残すより自分の身に植えつけようと
最近心を入れ替えたのに、やっぱり捨てられなかった。
特に日記やメモ。
1秒でその頃に戻れる。

処分しなかったそれらの一部のモノは東京に持って帰った。
他の人には何の価値もないそれらの品々。
私が死んだら棺おけに入れてもらおう。
 
       

 4月3日(火)
 
 
小学校時代の友人がやってきた!子供2人と彼女の母と。
 会うのは何年ぶりだろう!
 
小学校時代は毎日のように遊んでいたので、家族ぐるみの付き合いだ。
 20年以上たっても彼女の当時住んでいた家の住所や電話番号を忘れていなかった。
 お互いの家を行ったり来たりして、彼女の家にお邪魔したときは
 いつもオヤツにタコヤキを作って食べた。
 その当時の最高記録が15×7回の105個だ。(私一人で)
 昨日の私はタコヤキを30個ほどしか食べられなかった。
 それにしても恐ろしい小学生だ。
 
久しぶりなのに一緒に小学校で遊んでいたのが昨日のことのようだ。
 交換日記を小学校3年生から卒業するまで(私が奈良に引越しするまで)ずーっと続けた。
 その当時書いた絵や文章を大事に残していたのでそれを見せたら彼女の息子が読んでいた。
不思議な感覚だった。
今考えれば何がおかしいのか毎日毎日くだらないことで笑っていた。
小学生なりに好きな男の子のことをよく話していた。

頻繁に会っていても「あ、なんか変わったな」と少し寂しくなる友人もいる。
長い間会っていなくてもすぐに時間が縮まる人というのは意外と少ないのかも知れない。
多分お互いが根本的に変わっていないのだろう。ちょっと嬉しい。
 

 
       
このページのTOPへ
4月2日(月)

うちの実家の前には公園がある。毎年キレイな桜が咲く。キレイな淡いピンク
桜の近くに
ミツバチツツジというキツイピンクの花も咲く。そのグラデーションがなんともいえない。
わざわざ花見に行かなくても毎日がお花見だ。
近所の家にも桜の木が庭にある。桜だらけだ。

キレイだなぁと思って桜の花に近づく。
だけど、もしかしたら桜の花は近くで見るよりも遠くで見るほうが素敵かも知れない。
なんだか人間関係と同じで、少し距離を置いて付き合う方がよく見えるというか。
近づくとあら、意外と地味なのね、とか虫に刺されたりとか。
でもきっと桜の花にもっともっと近づいて、桜の繊細なほのかな匂いを中心から感じられると、
これまた人間関係と同じで本質のもっと素敵な部分が発見できるのかも知れないけどね。

そんな俳人のようなワビサビのあることを考えてる割には、
昼にお好み焼き、夜にはタコヤキを食べる現実的な凡人であった。
       

4月1日(日)

姉・弟・私・娘で墓参りに行った。
じーちゃん、ばーちゃん久しぶりで御座います。

 
       

3月31日(土)

そんなこんなで朝5時から目が覚め
ていた私は、腹が減りカレーうどんを食す。
ショックを受けていたけど目覚めると娘も普段どおり機嫌よいので一安心。
お風呂に入れて準備をし、名古屋→奈良へ車で移動。
姉旦那の軽快で上手い運転により無事到着。
でもあと五分というところで泣き出し、片乳で実家の門をくぐる。


 
       
●  2007  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

3月30日(金)

新幹線でハジメテの長旅。東京→名古屋へ。
現在名古屋在住の姉が東京まで迎えてに来てくれたので荷物を持ってもらったり心強い。
相変わらずTRANQUILAな我が娘、大騒ぎすることもなく無事名古屋へ到着したのであった。
到着するやいなや、バスに乗りいそいそと自然食たっぷりのバイキングへ。
自然食だからと理由をつけ全種類制覇。
その後サンダルと服を買った。
姉の家に戻り娘を寝かしつけようとしたところ、珍しく大号泣。普段あまり泣かないため
ビックラ仰天。どこか痛いのかぁと心配になるぐらいだった。
あやしてもあやしても泣き止まない。で、うちの姉が代わって抱っこしたところ
ピタッと泣き止んですーすー寝てしまった。
ガガーン。あーあーあー、かあちゃんはココですよぉ〜。
たまには逞しく厚い胸板から解放されたいのだろうか!?

結構ショックで次の朝5時に目が覚めてしまいそれから眠れなかった。。

 
       

3月27日(火)

本日取材があった。フラメンコではなく「30代の妊娠出産」?とかいう本に出るのだ。
我が娘、ゼロ歳にして世にお披露目か!?
私が出産したところの先生がその本の監修とかをやるみたいで、そこから話がやってきた。
ってことで、先生はものすごーく厳しくて私を餓死させる気か!と思ったとかはいえかったけど。。。。

娘ちゃんは取材中も始終機嫌よく、カメラマンのビカっと光る露出計にも動じず、パシャにも笑顔で答え、
撮影も取材も終ろうとしたときに大きくブリブリっと。
このところ出てなかったが、人が来ると興奮するのかブリっといきますね、ブリッと。
雑誌ではなくMookなんでいつ出るのかわかりませんが、出た暁には報告しますので
どうぞ立ち読みして下さい。
       

3月25日(日)

うちの米屋買出し率はかなり高い。約1週間ほどで5キロを消費してしまう。
現在私が外食をしなくなったというのも一つの理由だけど、
我が家には一人で一回にご飯を3合とかたべてしまう人がいる。
しかしその人は全然太らない。周りの人に痩せたといわれるらしい。
私は最近ご飯を一膳しか食べないように頑張っているのに成果が現れない。

この場を借りて言わしてもらうと、
一人で美味しいものをこっそり食べているわけではないのでその辺誤解のないように。
 
       

3月24日(土)

理由は忘
れたんだけど一瞬なんかムカっとすることがあったから
思わず買ってしまった本日の商品。玄関マットになりました。かえる

 

       

3月21日(水)
 
なんかテレビでサスケとかいう運動神経を競う番組がやっていた。
何故か見入ってしまった。
運動神経がいい人はとても素敵だ。
体育会系の男の人は苦手だけど
運動神経のいい男の人はとてもかっこいいと思う。

 

       
このページのTOPへ
3月17日(土)
 
スーパーに行ったとき、近所のおばさんに会う。
「あら、子供が生まれたの?」と。
あぁ、この方も私が妊娠していたのを知らなかったんだ。
つい2ヶ月ぐらい前もスタジオの近くにあるクリーニング屋のおじさんも
運転していた車の窓をわざわざ開けて「子供?!」とものすごく驚いていたなぁ。
二人ともかなり頻繁に私の姿をみていたはずなのに。。これって!えええぇ。

 

       

3月16日(金)
 
東長崎の駅が生まれ変わってました。
電車に乗るわけでもないけど、エレベーターにのってみたり反対側の出口に行ってみたりした。
でもなんかあんなにキレイになってしまったら東長崎って感じではなくなってしまった。

 

       
●  2007  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

3月15日(木)
 
明日から東長崎の駅が変わります!
階段しかなかったのがエレベーターもできたみたいだし、
ホームもきれいになった。
そうか、私がベビーカー押して電車に乗ることを見越してこの時期に完成させてくれたんだな、
ありがとうよ、西武鉄道!!
昨年から「お腹に赤ちゃんがいます」マークのキーホルダーとかもできるし。。
地域あげて娘の誕生を祝福してくれてるのね、ホホホ。←ポジティブ

 

       

3月14日(水)
 
検診2日目。
グループで離乳食と歯の手入れの話を聞いてる最中に、
娘が「わぁぁあ〜はぁぁ〜」と暢気な声を響かせる。焦。
そして本日のメインは母親の骨密度を測る。
私の骨密度は20歳並だと。
うーむ、若い!!

 

       

3月13日(火)
 
早いものでもう3〜4ヶ月検診。
娘はちょっと小さめみたい。心配するほどではないにしても
周りの皆はプクプク。
細いお母さんほどプクプク赤ちゃんを連れていた。
子と親は反比例するのかぁ??
来月もう一度体重計りに行かないといけなくなりました。
妊娠中、体重測定だけに何度も産婦人科に通わされた私のようだ。。
ただ、一方は増えない、一方は増えるのが問題という違いはあるけど。。。
担当のじーちゃん医師は優しそうなんだけど、声が聞き取れない。
じーさまこそ検診を受けて下され、と思うぐらいヨボ。
だ、大丈夫か。
BCG接種。押される時ギャーと一瞬ワメイタものの
結構ヘロっとしていた。
男の子の方がずーと泣いていた。やっぱり女は強いわい。。

 

       

3月11日(日)
 
なんのお祭りだ?
神輿が町を練り歩く。たった一個の神輿。なんだかしょぼいんだけど、
しかし男の人のハッピ姿とってもよく似合う。
普段の生活で「わぁ、この人カッコイイぃ」と滅多に思わないけど、
ハッピ姿の男の人たちは皆かっこよかった。
やっぱり日本人なんだ。髪が茶髪の人も金髪の人も。
なんか慣れない洋服着るよりハッピ着てる方がよっぽどカッコイイ。
普段から皆そういう格好してればいいのに。
是非会社にも買い物にもハッピ姿で、ふんどしまいて行動してください。
絶対素敵だよぉ。

 

       
このページのTOPへ
出産休暇中かいた日記も古くなり、なんだかなぁ、ということで
あらためて再開。あっという間の4ヶ月でした。

沢山のメール、お祝いの言葉、プレゼントなど本当にありがとうございました。
慌てず焦らずゆっくりのんびり子育てになると思います。
ライブ活動は少しずつですがまたやっていきます。
どうぞよろしくお願いしますね。

 

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

11月22日(水)

無事、予定通りのクリニックで女の子を産みました。
「陣痛です!」って私が訴えてるのに
「陣痛ならご飯は全部食べれるはずがありません」ととりあって
もらえなかったりしましたが(実際はちゃんと陣痛でした)
なんとか無事に、産まれました。
私自身はつらかったけど、一般的に言われる安産だったんだと思います。
       

11月17日(金)

ぎゃぁぁ、と最近は嘆きからはじまるのが多いけど、
またやってしまった。
何でも洗えばいいってもんではないんだ、やはり。。
バナナで懲りたはずなんだけど、
洗いたくなるとどうしてもやってみないと気がすまなかった。

今度洗ったのは、アイピロウ。
南米のどこかの国で作られた犬の形のアイピロウ。
胴が長くってその部分を目にあてる。

持っている人は知ってると思うけど、アイピロウというのは、どこかフニャフニャしていて
顔の輪郭に沿うように作られているのが特徴なんだけど、
洗濯機で洗われてしまったそのアイピロウ、フニャフニャどころか
スーパーマンのような姿になってしまった。
どうも中にソバガラみたいなのが入っていて、それが水分をものすごい吸収してしまっている。
パンパンにふくれあがったその姿。
よくぞ破裂しなかった。。。それだけが救いである。

「何でも洗ったらいいっていうもんじゃない」と以前バナナで注意されていたから
今度のアイピロウのことは口が裂けても言えない、、と
パンパンになったアイピロウをそーっとベランダに干したんだけど、
存在感を増したアイピロウはすぐに見つかってしまいました。。。

       

11月16日(木)

きゃぁぁ、今度は家の電話がおかしくなった。
携帯に続き困った困ったこまどり姉妹だ。
昨日の雷が原因か?(←実際は違った)
ISDNというやつなんだけど、なんかもう面倒くさい。
家の電話が使えなくても特には困らないけど、ファックスが使えなかったりすると弊害が出てくる。
やっぱりなんか基本の通信手段がないというのは特に今の時期困る。

調子が悪くなるときは何故一気に調子悪くなるんだ。
なんか調子悪い波長があるんだろうなぁ。

でもそんなことではへこたれません。
工事の人に来てもらって、なんとか復活しやした。
それでいて出張費はまけてもらって(!?)。

       

11月15日(水)

本日は結婚記念日。

で、全く関係ない話。


こないだ急に携帯がおかしくなった。
アナログ亜都子とは言え、携帯が使えなくなると困る。
修理に出して替わりの代替品を手にする。
家に帰って気づいたんだけど、相手の声は聞こえるのに、どうやら私の声が届かない。 

次の日またわざわざ行って、またもや代替品の代替品をもらう。

本当に面倒くさい、なんでこんなことしなアカンのだ。。。
これだから機械はイヤなんだ。

今はやっと修理に出した携帯が戻ってきたけど、使い方を忘れてしまってこれまたパニック。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

11月14日(火)

このところ続けて行ってる「サトウ」肉屋。
駅の反対側にあるから今まで行かなかったけど、
抜群に他のところよりイイ。
何がいいか。肉の品もいいけど、なんか感じがいい。
無理やり愛想がいいわけでなく、なんか気のいい下町の肉屋って感じ。
家族でやってる。
ショーケースだけにあるモノだけを売ろうとしてるのでなく、
ちゃんと肉の相談にものってくれて値段も考えてくれてる。

初めて行ったときには、しゃぶしゃぶ用の豚肉と牛肉を購入したんだけど、
2回目に行ったときには、私が何を前回購入したかチャンと覚えていた。

3度目に行ったときには、「田舎から大量に野菜が送られてきて、食べきれない」と言うから
軽い気持ちで「お手伝いしましょーかー」と言ったら、
「お、それなら野沢菜があるから持っていきなよ」と
手作りの野沢菜漬けを沢山くれた。
まだ少ししか通ってないからなんか申し訳なかったけど、
とってもアッケラカンとした感じなんで、こっちもアッケラカンと遠慮なくもらった。


そしてそれがものすごく美味しかった。
今日肉を買いに行った時、野沢菜のお礼を言った。

本日の肉の代金は1603円だった。
細かいのがないから2000円出したらオツリが400円来た。
当たり前のように細かいのを省いてくれた。
日本にもこういう場所があったんだぁ、、とちょっと感動。

スペインはこういう3円とかの場合は、繰り上げられるから、
オツリがちょっと少なめに来る可能性の方が高い。
ってことは、スペインよりもスペイン的なんだぁ、この店は。。。と
妙に感慨深げに帰路に着く。

いやぁ、3円が儲かったからうれしいのでなくって、気持ちのよさがうれしいなぁ。
日本は1円でも足りないと絶対にダメってところだと思ってたから。
でも考えてみれば、3円ぐらい、イイヨ、ってなるのは人間としてフツウな感じがした。

でもこういうコトは、当たり前ではなくなってきて、
「はい、この数字の通りです、少しも違いなく払ってください」って方が
通常の世の中だから。

だからスペインで最初1ペセタ(当時はペセタだったんで)を払ったら
スーパーの人に笑われたのが不思議だったけど。
でも考えてみたら、そっちの方がフツウなのかも知れないなぁ。
(今はユーロだから違うかも知れないけどね)

       
このページのTOPへ

11月13日(月)

プールの帰り、サンシャインにあるパン屋さんに行った。
クロワッサンの生地にこだわりましたぁ、みたいなかなり単価も高いパン。
私は焼きたてのパンの匂いが昔からあまり好きじゃないし、
こだわりのあるパサパサのクロワッサンのようなモノは唾液がすいとられるだけで
全然興味がなかったんだけど、
なんかその日は妙にそのパサパサ感にひかれて大量購入。
食べてみるととっても美味しい。
確かメゾンカイザーという店だったと思うけど。

でも毎日食べるパンという感じではないかなぁ。
たまに食べるからその美味しさを実感できるというか。。

       

11月12日(月)

寝るときに愛用しているバナナの抱き枕。
愛用しているのは私だけでなく、ブラッキーもお気に入りでよくその上で昼寝している。

天気もいいし、洗濯機で洗えるとのことだったので
ちょっとパンクしそうだったけど無理やり洗濯機に押し込んで洗った。
終った後、白いモノが見えたから、
「あれ、洗剤の泡がまだ残っているのかな?」と思い近づいたら、大変なことになっておった。
無理やり押し込んだから、布が破けて、中の白い小さなビーズ状のモノが大量に
こぼれていたのだ。
雪のようだった。
洗濯機にも床にもそこら中が白い粒粒。
すごい悲惨な状態だった。

ひとまず洗濯機に掃除機をかけて、それでもやっぱり全部はとれないので
諦めて、
ズタズタになってしまったバナナを二階のベランダに持っていき
外で一生懸命縫った。
そうでなくてもあまり裁縫が上手くない上に、白い粒がいやおうなしにこぼれてくるし、

大変な作業だった。
一応縫い終わったけど、かわいそうにバナナはフランケンシュタインのようになってしまった。

       

11月10日(金)

テレビを観ていると、同じようなタレントや芸人さんが出てる。
すごく好感が持てる人が特にいるわけでもなく、どーでもいい人が多いのでボーっと見てたりするけど。
ただ中には見てると不愉快になってしまう人がいる。
どうしてかわからないけど。

ペナルティという芸人がどうもダメだ。
あのわざとらしさ、生理的にガマンできない。
そしてブラックマヨネーズ。がんばりすぎて見ていて苦しい。
あと、梨花もダメだ。品がない。
今んとこのワースト3。

       

11月3日(金)

食べてはいけない、その反動で
ソースたっぷりのカツサンドをすごい速さで食べ尽くした。
特に3つあるうちの真ん中は肉厚でジューシーで
サイコーだった!
やっぱり人生コレコレ。

       

11月2日(木)

本日検診に行くと、明日が祝日のせいかすごい人・人・人。
2時間半は待つといわれたので、ブラブラ散歩に出かけた。

前回の散歩で江古田の駅近くにあるちょっと洒落たパン屋さんLOQUACE(ロクアーチェ) 

というところを偶然みつけた。
そこを目指して歩いて行ったんだけど、
到着したら木曜日は定休日みたいだった。ガックシ。

なんかとっても可愛らしい店で一回しか来てないけど結構気に入っている。
ただ、前回、確か”630円以上(値段はちょっとアヤフヤです)ならラスクをプレゼント”とか書いてあって
私が購入したのはそれより1円少なかっただけ。なのに結局ラスクはくれなかったので、「せこいなぁ」とちょっと思ったのでした。
ラスクも100円ぐらいのものだったし、どうしてもラスクが欲しいわけではなかったけど。
こういうのってちょっとニコって笑ってラスクをくれてもいいと思うんだけど。
でも日本じゃこういう状況では絶対にくれないよな。
1円払うから下さいって言っても、きっとくれないよなぁ。。

とまぁ、グチはおいておいて。

その散歩の道中、目を引く人物に出会った。
多分浮浪者なんだけど、
頭には日本では販売されていないようなビビッドな緑色のお洒落な帽子、
パッチワークもどきの服、薄汚れた背広の上、そして下はジャージ。
千川通りにある街路樹を見上げては微笑んでいるその人は、
オウムの麻原の100倍害がない感じの人だった。

黒いリュックから新聞をとりだし、座り込んで休憩し、
その後小さなお地蔵さんがまつってある所で立ち止まっては笑って礼をしていた。
よっぽどフツウの人よりも人間っぽいなぁ、と思いながらその人の行動を見ていた。
まるで私、ストーカーのようだけど、そうではなくってたまたま行く道が同じだっただけで。

ここのところボーっとできる時間が多くて、
周りを見る目線がちょっと昔に戻った気がする。
何故その人に目が行ったのかはわからないけど、
その人の行動は私の視覚と感覚に訴えたことには変わりがない。ちょっとしたホっとした時間。

       

11月1日(水)

八百屋でかいわれ大根とプチトマトを買った。
おつりもしっかり確認して、帰途についたら
店のおじちゃんが「お客さーん」とおっかけてきた。
買った品物を忘れて帰ってきてました。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

10月31日(火)

お歳暮のカタログが送られてきた。
結構見てると楽しい。
特に今、外食禁止令が出てたりするから
前ほど好き放題食べることができないので、
グルメ番組とか、モノ欲しそうに見ている。。

それと同じように、お歳暮のカタログもなめるように
独り言を喋りながら楽しそうに見た。

客観的に見ると結構かわいそうな光景だと思ってしまった。トホ。11月1日(水)

八百屋でかいわれ大根とプチトマトを買った。
おつりもしっかり確認して、帰途についたら
店のおじちゃんが「お客さーん」とおっかけてきた。
買った品物を忘れて帰ってきてました。

       
このページのTOPへ

10月30日(月)

池袋にいくとよく献血の看板がたっている。
本日の足りない血液
A型147人、O型108人、B型42人、AB型63人
とかそういう割合だった。(細かいところはちょっと違うかも知れないけど)

毎回チェックするんだけど、だいたいこの割合だ。
日本人はA型40%、O型30%、B型20%、AB型10% のはずなのに、
なんで必要血液の割合が違うんだろうか、と毎回その場所を通るたびに思う。
B型の人がいそいそと献血に通っているのか、
もしくは、AB型の人は献血には全く興味がないのか、
それともB型が病気をしないのか、AB型が病気ばっかりしているのか。。

そういう私は生まれてこの方一度も献血したことがない。
やろうという気持ちがないわけではないのだけど、
血を採るとかなりの確立で倒れる。
採血でさえも大変な騒ぎになるため、
これが献血なんかになると迷惑がかかるんでやらないことに決めている。

もし誰か近いうちに献血することがあったら私の代わりに
上の疑問を聞いてみて下さい。

       

10月26日(木)

もう杏仁豆腐にも飽き、(一回違う種類を買ったら気に入らなかったので、それで気分が落ち込んだ)
すっかりチョコチップクッキー(しっとり系でないと×)に舞い戻った日々。
バームクーヘンも頻度が増してきた。
一時通ったパン屋の匂いがまたダメになる。
やっぱり食べ過ぎると人間なんでも飽きるんだな。

最近よく通る道で、
歯医者がないのに歯医者っぽい薬品っぽい匂いがする場所がある。
どうしてだろうか。
多分、ある一つの家からその匂いがするということが発覚した。

その家はとってもキレイに庭とかしてるんだけど、
張り紙とかとにかく沢山してある。
「秋田犬のような犬を放すな」とか「糞尿禁止」とか「ここは袋小路になっていて通り抜けできません」とか
「勝手に家に入るな」(ちょっとニュアンスが違うかな)とか。。
なんか早稲田とか明治とかの立て看板、、とまではいかないけどとにかく、主張してある。
かなりビックリするぐらい。
家自体がちょっと可愛らしいため、かなりの違和感。きっと神経質な人が住んでいるのかも知れない。
それにしてはいつもドアがオープン(玄関が)なんである。
なんでだろう。(←こういう人たちいたな、、赤と青のジャージ着てた。テツ&トム?トモ?)

でもあんまりジーっと人の家を覗くのも失礼かと思って、
いつもチョロっと見るだけなんだ。

       

10月19日(木)

エルフラ に行った。トレオの初日。
で、今日を最後に会員をやめた。
ドンドン月会費が高くなり、特典もどんどん悪くなり、それでいてあまり行かないので。 

こないだは、ドミンゴを帰る直前に見たので
今月は珍しくエルフラに2回も見に来た。

会員になってからというのもほんの3年ぐらいだし。
その3年で特典や会費がドンドン内容が変わってきた、ってのはやっぱりユーロのせいなんだろうな。
エルフラのせいではないってのはわかってるんですがね。。
会員になっていた思い出というのは昨年の抽選会でエライ酔っ払って記憶を飛ばしたことだろうか。
重ね重ねスミマセンね、エルフラさん、、、
会員はやめましたが、たまにはいきますので。。

       

10月16日(月)

牛乳が余っていたので、杏仁豆腐の粉末を買ってきて作ったら
これがすんばらしく美味しいのでした。

一度美味しいものを発見すると当分の間連続して同じものを食べ続ける
クセがあるので、きっと明日も明後日も作っていると思われます。

       

10月9日(月・祝)

新宿ゴールデン街劇場というところで
舞台を観てきた。すわ親治さんの一人コメディ舞台。
ゲストに山口智恵さん。
すわさんは、長くドリフの付き人をしていた人で、
次に欠員が出たら、ドリフのメンバーになっているはずの人でした。

一人でお客さんに立ち向かうってのはスゴイことだし
自分の世界に入らせるというのは大変なことだなぁ、と思った。
笑いってのは考えられていながらも自然でないと、観てる側は緊張する。
すわさんは存在自体が、なにか笑わせてくれる(いい意味でね!)。

その後、台湾料理をちょっとだけ食べて(スターフルーツジュースがしょっぱかった) 

これまた珍しくエルフラメンコに行った。会員なのに全然行ってない。
会費もあがるし、待遇も悪くなるからもうすぐ辞める予定だけどね。

Domingoはさすがだった。ツボを得た、それでいてワザとらしくない
媚を売らない遊び心がとてもよかった。
あんなスゴイのを観ていると、フラメンコが違うもののように思えてくる。

久しぶりにフラメンコの人々にも沢山あった。
普段あまりフラメンコスポットに行かないから、なんか新鮮だったわん。

2部を観る前に、結婚したばかりの韓国人の友人夫妻に会った。
偶然にも彼らもフラメンコを観に来たのでした。

盛りだくさんの日でした。

       

9月10日(日)

夜中に大雨。
雷もすごかった。
       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

9月1日(金)
 
実姉が東京に来ていた。
一緒に今夜のオカズを買いに近所の商店街を歩いていたら
いつも行ってる鶏肉屋の夫婦に
「娘さん?」って聞かれた。
一体、何を言ってるのかわからなかったんだけど、
ようく考えたら、
私の姉のことを、私の娘だと思ったらしいーーーー。
 
これって。。。オヨヨヨォ(涙)
       
このページのTOPへ
8月27日(木)
 
嫌がるブラッキーを猫カバンに入れて
新目白どおり沿いにあるペットショップに連れていく。
何をやってもベタベタはとれないので、もうこれはカットしかない!と。
 
犬のトリミング料金は書いてあるけど、猫なんてトリミングしないんだろうなぁ、
それにブラッキーの場合は片一方だけだから、かっこよくならないんだろうなぁ、と
色々思いながら待っていた。
嫌がるブラッキーを二人掛かりで押さえつけてなんとか毛をカットしてくれた。
右側が見事にハゲちょろぴんになってしまいました。。料金3150円。
 
家に帰ってブラッキーは自分の様子が違うのがわかったのか、
落ち込んでずっと二階に閉じこもっていました。ブラッキーのプライドがぁ。。キレイな毛並みがぁ。。
       

8月26日(水)
 
我が家のブラッキーが夜、外の散歩から帰還なされた。
エサをあげて、暫くしたら、私の方に寄ってきたので、なでようとして
フと見たら、ブラッキーの右、身体全体に枯葉や、ゴミとか様々なモノがくっついている。
ビックリして「ンギャー」と叫んだら、ブラッキーもびっくりしていた。
ブラッキーの右側が水浸しのようだった。このまま家に居られては、大変、と
嫌がるブラッキーを風呂場に閉じ込め、シャワーで流したけど、
どうやら濡れているというよりも、接着剤のような(ごきぶりホイホイのベターとした部分がついたような)ものが
右半身についているようだった。
 
カワイそうと思いながらも、人間のシャンプー(資生堂TSUBAKI)で洗ってみたけど、
全くとれない。
ブラッキーはシャワーがイヤなのか、悲痛な低い声で鳴き続ける。
私も泣き続ける。
一体どこで転がってきたんだろうか、、。
       

7月31日(月)

もう7月も終わり。
毎年行っていたキレイな海も今年はおあずけ。(っていいながら2月にサイパンに行ってたわ。。)
このところ毎年行っていたスペインにも今年は行けない。

でももうすぐ
海よりも大事な、
きっとスペインよりも刺激的な、
その出来事のために
今は穏やかに過ごしています。

       

7月30日(日)

「天国を見た男」を見に行った。
本日は大学時代の友人と。

2回目だと流れやオチがわかってしまうので
1度目ほどの新鮮さはないけど、
役者の表情とか、アドリブとか、音楽のタイミングとか
中日(ナカビ)の
ちょっとし緩和具合とか違うことに目がいった。

南野陽子は普段意識したことはなかったけど、
この舞台を観て、品がいい人なんだなあ、と感じた。
とてもキレイな優しい関西弁が似合っていた。
役だけでは決して出てこない暖かさというか。
で、顔もとっても美しいぃ。

あと、さすが沢田研二、一世風靡しただけあるなぁ、と。
今は昔ほど丹精さはないけど、
帽子をナナメにかぶってコートやスーツを着たりするととても雰囲気がある。
スタアになるべくしてスタアになった感じの人なんだなぁ。

昭和10年代の大阪の話。

大阪公演には、きっと東京公演とは違う反応があるんだろうなぁ、と思う。
うちの母やおばさん達が見に行くので
どんな感想だったか聞いてみよう。。

東京公演は8月6日まで。まだの方はどうぞ見に行ってください。

       

7月29日(土)

東長崎十字街で夕食の買い物。
鶏肉屋さんで買い物をした後、
八百屋に行こうと、普段通らない細い道を通って近道しよう、と思ったら、
右側から茶色のでかいブルドッグのような顔をした身体はボクサーみたいな犬が吠えまくった。
つないであるんだけど、なんかその勢いが怖くて、来た道をトボトボ戻っていった。
小学生みたいだなぁ、情けないなぁ、、と思っていたら
さっきの鶏肉屋のご夫婦に見つかって、
「コワイわよねぇ〜」といわれた。ちょっと恥ずかしかった。。

遠回りした後、八百屋にも行き、さて戻ろうと思ったら、
八百屋の目の前にある肉屋の亭主がお客の子供を叱ってた。
どうやらそのガキんちょは肉屋のショーケースをキックしたようだった。
しかし、その子の母だか、ばあさんだかは、子供を叱らなかった。
ただ傍観しているようだった。
その後も店の亭主は横から子供をにらみつけていた。

豆腐屋で心太と豆腐と豆乳を買っていたら
小学生低学年と見られる男の子二人が自転車で横に並びながら、
結構な勢いで商店街を走っている。
そこへ、ちょっとその子たちより大きめの中学年ぐらいの女の子もこれまた
自転車で反対方向からやってきた。
案の定二人ともよけきれずガシャーン。
「あぶなーい」と大声を出したのは私だけで
当の本人同士は一言も声を発しない。
怒りもしなければ、ゴメンなさいの一言もなし。
ただぶつかって、「あ、」という顔をしただけで、また元のように走っていった。

なんだかなぁ。。。

       

7月23日(日)

今日の夜はパスタ。
エビとトマトのパスタ。
私の料理はかなり「男の料理」ってな感じで
すべて目分量、量も大量、手早く、ダイナミックだ。

こないだうちの姉が「ししとう」のヘタをとり、種まで丁寧に剥いて
二つ切りにしていたのでその丁寧さにビックリした。
(私は洗って、そのままドボンだ。)

素材の味を生かす!と言えば聞こえはいいが、
私が作るのは本当にシンプルな料理ばかりだ。

ただ、こだわるところにはこだわる。
当たり前のことだけど、
パスタに関してはもちろん
入れる具材、冷製か温製かによってパスタの種類も変える。
ショートパスタとロングパスタのあげる前のアルデンテ率(?)も考える。
塩はパスタをゆがくときにしっかりゆで汁に入れる。
その後、ソースとパスタを合わせたときに、オリーブオイルと乳化させながらゆで汁を入れる。
昔の喫茶店で出てきたようなケチャップスパゲティを作ったりしない。
ボンゴレやペスカトーレにチーズをかけたりなんかしない。

ワタシの食べることへのコダワリ。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

7月21日(金)

池袋芸術劇場に当日券を買って一人で音楽劇を観に行った。
ジュリーの出演する「天国を見た男」。
旦那はんが音楽で登場するので。

昭和10年代の大阪を舞台にした話。
沢田研二、南野陽子筆頭に、皆完璧な関西弁だった(数名違う人もいたけど、それは劇中でも
東京出身だったり鹿児島出身だったり、、)。
変な関西弁だと見る方もイライラしてくるんだけど、なんとも自然な関西弁。
どうやら、わざわざ関西からこの劇のために来ている役者が多いらしい。

ストーリーはわかりやすく、「ベタ」な話なんだけど、
ちょっとした小道具、大道具、などの演出とかが行き届いてる。
すごいなぁ、演出家が素晴らしいのでしょうねぇ。

トイレに行くとどうやらジュリーのファンみたいなオバチャンたちが沢山いた。
きっと昔から見届けているんだろうなぁ。
ワタシの隣には、オジサンっぽい人が一人でいた。
しきりに拍手したり「サイコー」とか叫んだり、一生懸命身を乗り出してみていた。
なんか結構ホノボノと、客席も舞台も温かい空気が流れていたよ。

       
このページのTOPへ

7月13日(木)

髪を切った。発表会も終ったし、当分ライブで踊ることもない。
後ろがほんの少し刈り上げ(首の後ろをジョリジョリってバリカンでそられたので)っぽく。
でもオカッパなんで、さほどショートカットには見えないだろうけど。
ワカメちゃんだ。

       

7月9日(日)

昨日寝たのは遅かったけど、
今日はこれまた早起き。
というのも本日は洗濯機とか冷蔵庫が届くからぁ。
午前配達をお願いしたから、ご飯も食べ終えて、朝8時には待機していた。
でも待機すればするほどなんだか全然来ない。
チェと思いながら床の上でウトウトしていたらピンポンと。

来た来た、大物がぁ!!
そして壊れた冷蔵庫、まだ使えるけどサヨウナラを決めた洗濯機をリサイクルでひきとってもらう。

そして、実はそれだけではなく、レンジも炊飯器も買っていたので、
「古いレンジも持って行って下さいよぉ」とカワイク言ってみたけど、
全然カワイクなかったみたいで、「別料金です」と間髪入れず
キッパリハッキリ言われた。

しかし、新しい冷蔵庫に一気に家事テンションが上がる。
自動で氷が作れたり、一杯収納できたり、それだけでうれしい。
丁寧にパーツをはずして洗ったり拭いたり頑張った。
そしたら、どうやってその部品がついていたかわからなくなり、
パーツを元に戻すのに、すごい時間がかかってしまった。
途中でイヤになって、ご飯を食べたら眠くなって、ボーっとしてるうちに
日が暮れてきた。

「あぁ、小人の靴屋が居れば私が寝ている間にキレイになっているのに、、」と
妄想しつつも、結局何も変わってない状況を目の当たりにし、
トボトボ作業に戻る。

夜にはやっと冷蔵庫にモノを入れた状態で完成!
せっかくだから、こないだ溶けてしまって食べれなかったアイスを
もう一度買ってきた。

ふふふふ、ふふふふ。

       

7月8日(土)

プリメラの合同発表会。

今日はうちのスタジオからTさんがギターで、Mちゃん、Aっち、Sっち、Oさんが踊りのソロで。
皆発表会が終っても気合入れて頑張ってました。

あんな大きな舞台で堂々と弾けて、踊れたことに拍手。
それぞれ課題がきっと残ったりしたことでしょうけど、それはフラメンコを続けていく上で
当たり前のことで、そこで燃焼して終ってしまうのはちょっとばかりモッタイナイ。
満足してしまうとそれはそれでダメなのかも知れない。

発表会後にもかかわらず多くの生徒さんも応援に来てくれた。
これは、本当にうれしかった。
終った後の打ち上げにもかなりの大人数の参加で、これまた感謝。

来年は2日間に渡ってやるらしいので、参加したい方は是非!!

       

7月4日(火)

ゲー。朝おきたら冷蔵庫が冷えてない。
壊れてしまったらしい。大したものが入ってないといえども、これは困った困った。
急いで実家の冷蔵庫を間借りして、
大雨の中ビックカメラに冷蔵庫を買いに出動する。
一人暮らし時代から使っていた冷蔵庫だから
まぁ、寿命だったんだろうけど。。
大きな大きな買い物だから、結構慎重に色々みてまわった。
左ひらきか、右ひらきか、観音びらきか、両方開きか、
それはそれは色々ありますわ。最新型が。
世の中の人は一体どれぐらい頻繁に家電を変えるのだろうか。

もうこの際だからと、この雨の季節だし洗濯機(乾燥機つき!)
も買ってしまった。一人暮らし長かったといえども洗濯機を買うのは
実はハジメテ。
あまりボタンが沢山ついてるのはワケがわからないから
ボタンが少ないやつにした。

新しい電化製品がきたらちょっとは気分が変わるかな?

普段あまりビックカメラは好きではないんだけど、(携帯とかパソコンのとことか)
結構家電類はオモシロかった。
今度は掃除機でも買おうかな。なんか家事がラクになるような
オススメの品物はありますか?

       

7月3日(月)

昨日帰ってきたのは朝5時ぐらい。
でもなんだか興奮していたのか、結構早くに目覚めた。
しかしその後はバタンQオバQ.部屋は花やプレゼントで埋め尽くされ、
そこに埋もれてドテーっとしていた。
うちの姉が発表会前から東京に来てくれていて、
掃除や料理とかやってくれたので、幸いにも、すごい状態にはならなかったけども。。 


本当は月曜日に帰るはずだった姉を
無理やりひきとめてもう一泊してもらうことにした。
私と違ってテキパキしてるんだよなぁ、、もうちょっと近くに住んでもらわないと
困るなぁ。。来月も是非来てくれ、とお願いしたけど、そういうわけにもいかないか。。残念。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


7月2日(日)

第四回目の発表会。
今回は練馬文化センター小ホールでやった。

回を重ねる毎によくなっていく、と自分では信じているけど、
今回は本当に前回よりも(前回もかなりよかったと思うけど)よかった。
4回目にもなり1回目から参加している人たちが率先して色々やってくれていること、
初めての人でも中にすっかり溶け込んでいたこと、色々な要素が重なっていたと思う。 

体育会系ではない(私はこれ苦手ですので)、それでいて相手を思いやれる協調性、そして自主性がある、
皆の空気がとてもよく流れていた。

舞台裏では結構気をもむことが多かった。
特に舞台監督が一体誰なのか、、3人もいるというありえないことがおこったので、
リハーサルの時間仕切りとか最悪だったり、一体誰に何を聞いていいのかわからなかったりで、かなりイラついたりもしたけど、
それは次回からスタッフを人選するときに、
やはり信頼できる人に頼まないといけないというのを再確認するいい勉強になった。
すべてが信頼関係で成り立っているので、不安定な関係では決していい舞台は作れない。 

最後に緞帳が降りないという初歩的なミスが、今回の”舞台監督”をよく表していたように思う。
本当に残念で仕方がない。

でもその中でも暖かく見守ってくれたお客さんたち、お手伝いの皆さん、照明、音響、アーティスト、ビデオ、カメラ、プログラム作成、そして何よりも、生徒たちの力でいい舞台ができたと思う。感謝します。

そしてうれしかったのは、都合でやめた人たち、オヤスミしている人たちも応援に来てくれたこと。
そしてまたクラス再開のときにまた戻ってきてくれる人たちがいること。
つくばや館山から応援に来てくれた生徒さんたち。本当に感謝しています。

今年は体調の都合で私はあまり踊れませんでしたが、ほんの少しだけ即興でブレリアを踊りました。
何も決めていないというスリル、どんな唄がくるかというドキドキ、
いいですねぇ。やっぱりフラメンコは。

       
このページのTOPへ

6月23日(金)

ものすごい久しぶりに近所の魚屋さんに行った。
前は毎日のように行ってたのに、ちょっとこのところ魚が食べたくなかったから。
カツオのお刺身と、もずくと、じゃこと、ごぼうのテンプラを買った。

食べてる間中、ずっとブラッキーが隣で私に向かって猫パンチをしていた。。

       

6月22日(木)

何年かぶりに、小学校のときの友達二人から立て続けにメールがあった。
どうも、その二人は、最近会っていたらしい。だから同じ日にメールがあったんだ。
二人とも随分前に結婚して、子供も産んで立派な母だろう(本当か!?)。

私は中学に入ると同時に、奈良に引越ししてしまったけど、
小学校までは東大阪にいた。その時の友達だ。
連絡のくれたうちの一人とは、小学校1年のときから随分仲良くって、
交換日記をずーっと続けていた。その子のうちに遊びに行っては、毎回タコヤキを自分たちで作って、
最高記録105個を食べた。(15個×7回)

「下の子供(3歳)が♪しまったしまった島倉千代子!困った困ったこまどり姉妹!♪って新喜劇見てずっと
言ってる」とメールに書いてあった。
そうか、今は、新喜劇でそんな台詞がはやっているのか。。。

       

 6月21日(水)

猫と犬はどうしてあんなによく寝るんだろう。
うちのブラッキーは最近、物置のダンボールの上でよく寝てる。
私の黒いリュックの上に小さくなって寝ることも多い。
あと書類の上で寝たりもする。せせこましいところがお気に入りのようだ。
犬はドデーンとソファの上や、床の上にベトーっと寝てる。
寝る場所に関しては猫の方がこだわりがあるんだろうな、きっと。

       

6月19日(月)

今日は随分暑かった。
こないだまで長袖でよかったし、毛布を片付けるのをためらわれたぐらいの天候だったのに、
急激に暑くなった。そろそろ夏だね、ふっふっふ。うれしい。
今日は、毛布が必要なかったので、足むくみ防止のために丸めて足元において寝た。
それでも暑かった。

       

6月18日(日)

雨。今日は、発表会にむけて、メイク教室をやってもらった。
横浜のアトリエプリマの益子さんにお願いした。
私もなんとなく自己流で化粧をしていたり、してあげたりしていたけど、
人に教えるときは、こうやって教えるのか、とかなかなか参考になった。
皆もドンドン美しく、新宿2丁目の人たちのようになってきたけど、
これが衣装をきて、舞台にたつとフツウに見えるから、不思議ですね〜。

       

6月17日(土)

仙台土産の牛タンが。
わーい、わーい。
でも、昔の方がちょっと美味しかったな、一般的に名前が知れてるここの牛タン。
袋に入っている1列目は割りといいんだけど、
2列目がちょっとあまりいい肉の箇所ではないところになった気がする。
こういうのってお客さんは敏感なんですよ、
注意しないとすぐにダメになってしまいますよぉ。
恵比寿にあった有名なラーメン店もそうだったな、
やっぱり常に初心忘れずに、丁寧に、謙虚にですね、何事も。人生も。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


6月15日(木)
 
ビワ王国になってしまった。
本日館山から大量のビワが送られてきた。
Tさんの家の庭でなった自然のビワ、木箱に入った高級ビワ。
キャー、ビワで埋もれて幸せ。
ビワ大使に任命されたかのようだ。
 
前の日記を読んで「あんたそんなにビワ好きやったかぁ?」と実家の母が
電話してきた。「うん」と答えると。
「まぁ高いからあんまり買わへんかったからなぁ、そんなん」と高笑いしていた。
そうなんです。ビワは高級なんですね。。
スーパーで見ても結構する。
大切に食べてますよ。
       

6月12日(月)

世の中が騒いでいる。W杯。
あんまり興味がないんですが、
後半の試合を途中まで見た。
なんか後半でグアーンと点を入れられてた。

ちょっとして、またテレビを見たら(試合が終った後)
どうやら3点も入れられてしまっていたみたいだ。
私がみたのは2点までだったので、「あの短時間の間に?」とビックリしてしまった。

あの後また入れられたってどういうことなんだ、、と。
明日は日本はドヨーンムードなんだろうなぁ。
でもなんか日本らしい試合だ、って思ってしまいました。
サッカーファンの方スミマセンが。
で、きっと明日からの報道は急に熱が冷めるんだろう。
そしてそれに踊らされる国民。
サッカーの勝ち負けよりそっちの方が気になるのであった。
       


6月8日(木)

発表会の打ち合わせに行った。
新しくなった練馬文化センターは結構いい空気が流れている気がした。
あぁ、イヨイヨ発表会なんだなぁ、とちょっと気が引き締まった(おそっ!!)。

       

6月7日(水)

朝から昼にかけて「狐の嫁入り」みたいな天気だった。
軍艦軍艦破裂〜破裂破裂沈没〜沈没沈没軍艦〜軍艦軍艦沈没〜

       

6月6日(火)

そのビワGET!わぉ、と食べたらまだちょっと渋かったので
もう少し待つことにしよう。
それにしても箱の中に大切に入れられて売られているビワちゃんたち、
箱入り娘なのね。

       
このページのTOPへ

6月5日(月)

昨日館山で買い忘れた枇杷。
本日東京に戻ってくるTろーにお願いした。
枇杷って結構高いんだけど、でも美味しいからどうしても食べたかった。
果物の中で一番ぐらいにビワが好きかも知れない。びわビワビワ。
桃も好きだ。マンゴーも好きだ。(マンゴープリンはそんなに好きではない)
ちょっとユルイのね。すぐ皮がむけて、すぐ食べれるやつ。
夏みかんとかは剥くと指が痛くなるから誰か、むいてください。

       

6月4日(日)

館山ベルデ発表会。今日も皆は、大ブレイク。
必ず2部の頭に特殊(!?)出し物をするんだけど、今年は大変でした。
白浜音頭をシギリージャにアレンジしたり。それを浴衣で踊ったり。。。
結果的には大成功でしたが、私はハッピを着て太鼓まで叩かされた(イヤイヤ、好んで)!

それにしても、館山の皆は打ち上げでまたもや
発表会で踊ったすべての曲を踊り倒し、大酒をくらい、楽しそうでした。
全員が一致団結していて、楽しそうでこういうのも結構いいなぁ、と思いました。
体育会系ではない私は、そういう世界とはあまり縁がないというか、
なんか昔っから常にどこかの部分だけ冷静に、客観的になってしまっているのでね。
傍から見ているだけで、楽しそうな雰囲気のおすそ分けだけで充分幸せな気分に
なれるのでした。

       

6月3日(土)

土曜日のレッスン後、館山に向かう。
途中で高速を降りて、国道になるんだけど、そのあたりに「すしおんど」という
チェーン店のような寿司屋がある。
通るたびに毎度思うんだけど、その看板は「すしおんど」とひらがなで書いてある。
どうもしっくりこない。
「寿司温度」なのか「寿司音頭」なのか。

多分フツウに日本語で考えると、店名には「寿司音頭」の方が合うのだろうけど、
だからって「寿司音頭」ってどうなんだろう。「寿司」にも「音頭」にもインパクトがありすぎて
うるさい名前になってしまって、ちょっと中途半端な気がしてならない。
だからってひらがなで「すしおんど」って書かれても、ちょっとどうも。。
そう考えれば「寿司太郎」ってのは絶妙な名前だなぁ。(好みの問題か?)

あとは、もうちょっとサウンド的にそれは、どうだろうか、と考えて欲しいもんだ。
昔(今も?)「THE 丼」っていうチェーン店があったんだけど、それは、表意的にはいいんだけど、
サウンド的に許せないもんがあった。
そういう名前が許せない店には絶対に入らない主義なのである。

       

6月2日(金)

昨日、都内のスペインBARへ。
取材・撮影があった。
写真を撮ってもらうのは好きだけど、
どうも「こうやって下さい」と言われると不自然になってしまう。
笑ってくださいもひきつってる。
「あぁ、私ったらモデル失格ぅ、、」すっかり落ち込んでいたら、店長が
生ハムを切ってくれた。
その途端に満面の満面の笑みが出たらしい。
うーむ、美味い!ボケロネスももらった。これも美味しい。
多分私は踊っているときよりも、美味しいものを食べてるときの方が
幸せを感じるような気がする。。。

       

6月1日(木)

アロハ!1ヶ月半ぶりに日記再開!
勝のパソコンはまだ購入されてないけど、日記はなんか更新できるらしい。
すっかり怠けてしまっておりました。

書いてない間に、一歳年もとったし、GWも終ったし、報告できないことが多々ありましたが、
平凡な平凡なヒビでした。
それもまたよろしいかと。

急にゴマせんべいが3日間続けて食べたくなったりもしました。
雨の日はずっと家に閉じこもってたりもしました。
ブラッキーが膀胱炎になったりもしました。
急に車の中で怒り狂って、号泣したこともありました。
でも至って元気に過ごしておりました。

今は、一ヵ月後に迫った発表会(7月2日練馬文化センター)に向けて
急に焦りだしております。
ついこないだまで余裕だったのですが、ギリギリになって色々思いついて
予定外のことをやりだして、結局なんでもぎりぎりになってしまうのです。
でも生徒さんたちもそんな私の行動にもなれてきたらしく、誰も動揺していない様子です。
アリガタヤアリガタヤ。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


4月12日(水)

昨日の夜中に豆腐屋さんの特集番組があって、
それを見てると、ムショウに豆腐が食べたくなった。
昼間近所のいきつけの「さとみや」さんに行った。

それはそうと、豆腐やさんってのは朝が早い。
テレビでは2時から仕事を始めていた。
おぉ、私が眠る時間だ。
私には、きっと豆腐やさんは無理、、、と思ったけど、
でも会社勤めよりは、できるかも、、とも思った。

大豆に不必要な気を遣うこともなければ、
にがりの理不尽さに怒ることもない。
豆腐は正直だ。

お皿に、木綿、絹ごし、そして なぜかモッツアレラチーズも並べた。
全部真っ白で、食卓における色彩感覚ゼロ。
でもたまにそういう日があってもいい。

モッツアレラチーズにカツオブシと醤油でも結構いけるんですよ。
豆腐にオリーブオイルと塩ってのも、なかなか!

       

4月11日(火)

猫って残酷なんだ、と思わされる話を本日聞いた。
知り合いの家には、猫が3、4匹いて、
最近来たばかりの新しい犬君たちも3匹ほどいた。
その中の一匹一番小さなワンちゃんが、
猫に首を噛まれて死んでしまったそうだ。

あぁぁ、ショーック。
猫って結構残酷なんだ。

家に帰ってのほほんと寝ていたブラッキーに
「あんたも残酷なのか」と聞いてみた。

       

4月10日(月)

夜中にサザエサンのようなシャワーキャップオバケが出た。

       

4月9日(日)

今日、和菓子をもらった。
普段意識して和菓子を購入することはないから、
あまり食べないんだけど、
以前私が東京版サクラモチの話をしていたからか、
「東京版サクラモチ」と結構すっぱさがいける「いちご大福」と「ミソ入りかしわもち」だった。

初の東京版サクラモチは思いのほか美味しかった。
あのピンクの部分はもっとパサパサしてるのかと思いきや、
私の好きなモチだった。そうかぁ、イメージだけでは味は想像できないんだなぁ、と

うれしい反省をする。

いちご大福は、想像のできる美味しさだった。安心の美味しさというのかな。

ミソ入りかしわもち は、微妙な味だったが、田舎っぽいような、逆に都会っぽいよ
うな。
甘いものにミソという感覚がちょっと私の五感がショックを受けたのかもしれない。

冷静にもう一口食べると美味しかった。

一気に3つも食べれる勢いだったけど、それではカロリーが、、と思い、
サクラモチとかしわもちは、半分旦那にあげた。
サクラモチの葉は食べれるけど、かしわモチの葉にもかぶりついたので、ビックリし
てしまった。
「これは、さすがに食べれないや」と出してたから、ホ、フツウの人の反応だと一安
心。

       

4月8日(土)

今日もつくばだった。
5月発表会のための合わせ。
美学院の発表会は人数が多いため、4部ぐらいまである!
多分5時間ぐらいかかるんではないか。
しかし、ここは皆、生徒も礼と節がしっかり身についていて、
アーティストの人に対するお茶の出し方とか、気遣いとか、
駐車場整理とか、タイムスケジュールとか、
合わせの進行とか、それはそれは全てが上手く回っている。
無駄が全くない。

前回の発表会とかでもあの大人数が一つにまとまり
輪を乱す人もいず、なんともスムーズにいっていた。

きっと上にたつ人がしっかりしているのだろう、、と
我が身を反省致しました、、とさ。

       
このページのTOPへ

4月7日(金)

つくばのいきつけエスニック雑貨屋で、鉄(?)でできたウズマキ柄のタオルかけを
購入。
今日はもって帰れないから、つくばの教室においておいてもらう。
あと、腰からまく小さなエプロン。これはバリ製。
エプロンだけど、普段、ズボンの上からちょっとひっかけるとお洒落だわ、と
思い購入したけど、私のウエストでは、尻から尻までは、届かなかった。
これでは、本当にエプロンにしかならない、、とガッカリ。

       

4月5日(水)

久しぶりにカレーを作った。
フツウの市販カレールーの他にチョコレートを入れてみた。
カカオ85%の、甘くないやつ。
でも、なんか、チョコレート臭が結構してしまったので、
その後、タイのグリーンカレーペーストを加えてみた。
そしたら、なかなかいいバランスになった。

私はカレーの中には必ず豚も牛も両方の肉を入れる。
カレーには牛の方が合うのだけど、牛だけだとこれはこれで飽きてしまう。
だから豚でサッパリ。
でも豚だけだと、口がパサパサしてしまう。
豚のパサパサさっぱり感と、牛のシットリを交互に食べて
やっと至福のときがやって来るのだ。

こういう私なりのちょっとしたこだわりを網羅する「外食カレー」はなかなか
存在しない。
だからあまり店ではカレーは食べないことにしている。
よっぽど美味しいものでない限り、カレーと餃子は外食しない。

       

4月4日(火)

昼にちょっとテレビをつけたら、冴えない昼ドラマに風見しんごが出ていた。
小学から中学時代、私は彼の猛烈なファンでファンクラブにも入っていたし、
モチロン直筆サインも持っていた。

久しぶりに見た彼の顔は、やはり老けていた。私よりも確か10歳ぐらい上なはず。

自分もそれだけ歳をとったのだろうけど。
年齢がいけばいく程、素敵な顔になっていく人もいるのに、なんかそういう顔では
なかったのが少しショックだった。余計なお世話ですが。
ただ、旬を過ぎても、自分なりにいい人生を送ってる人からは、結構ちょっとした瞬
間に人間的な魅力が垣間見ることができるんだけど。
なんか、贔屓目で見ても、あまり垣間見られなかった。

ちょっと寂しい感じがした。あぁ、我が幼き青春の思い出がぁぁ。。。

       

4月3日(月)

どうしようもなく、ショートケーキが食べたくなったら、いてもたってもいられなく
なって、急いで近所の美味しいケーキ屋に向かった。
ちょうど品切れになっていて30分かかると言われた。
「とりおきしておきましょうか」と言われたけど、いてもたってもいられない私は、

「30分後に来れるかどうかわかりませんので、いいです、、」と捨て台詞を残し、
急いでコンビニへ。
やっと見つかった、いちごショートケーキ!たった一つ。
しかし、私の前にいた男の人がそれを手に持っている。。
あぁぁ、買わないでぇぇぇ、という私の心の叫びが届いたのか、
彼はそれを元に戻し、隣の別デザートへ手を伸ばした。
その瞬間、私は間髪いれず、それを頂いた。ホホホヒ。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


4月1日(土)

エイプリールフール。
なんか、嘘をつこうと思ったけど、こんな歳になってもまだエイプリールフールを
実行して色んな人を混乱させてはいけないと思って、結局ウソをつかなかった。
普段やりなれないことをやるのはやっぱり難しいね。オホホ。

       

3月31日(金)

プレステージの音楽中心ライブに行った。
フラメンコには初めてのバンドネオンが入ったり、
2部のロルカ特集とか結構おもしろかった。
踊りのときのようにお客さんは沢山はいなかったけど、思ったよりは多かった。
きっとこういうのに触れると、また違った角度からフラメンコがみえたりするんだと
思うけどなぁ。

       

3月29日(水)

新しいスペイン料理屋に行った。
ひと月前に出来たらしいラ カンパーナという店。茗荷谷にある。
知り合いの人がシェフをやっていたので、
ボトルワインをサービスしてもらった。ぐふふ。
食べ物も、かなり美味。グラスやお皿なんかも結構凝っていて、
丁寧で、それでいてちゃんとスペイン料理。
最近は、バルとか、スペイン料理系列のレストランが巷にゾクゾク登場してるけど、

意外に日本風にアレンジされていたり、スペインではなく、「スペイン風」というの

多かったりする。意外に「ここ」というところはなかったりするんだけどね。
今日のところは、「ここ」に入れたい感じがした。まぁ、結構値段もするから
そんな頻繁にはいけないけどね。

前大阪行ったときに、連れて行ってもらったバルはかなり美味しかった。
偶然中学時代の同級生が働いていて、ビックリ。

       

3月28日(火)

夜になったら雨が降ってきた。
傘がなーい、傘がない。

       

3月27日(月)
洗濯沢山した。
布団も干した。
散歩にも行った。

もう私の大好きな春だ。

       

3月26日(日)

異様にカツ丼が食べたくなった。
どうしよう、、と悩んだ末に
作ったのは、パスタジェノベーゼだった。
全然違うやんけ。

       

3月25日(土)

テレビでやってた。桜餅。
東京の桜餅と関西の桜餅は違うんだって。
私はそういえば東京の桜餅食べたことないかも。
なんか、ピンクの部分がどら焼きの皮みたいになってるようだ。
関西のは、ピンクの部分というのが、米でできてて
おはぎみたいに丸いのだよ。
視覚的に言うと、東京の桜餅ってなんだかパサパサしてそうで
食べたい気分にならないなぁ。
今度、誰か食べてたら一口だけもらってみよう。

       

3月24日(金)

大吉!

       
このページのTOPへ

3月21日(火)

スタジオの前にある「みゆき」という和菓子屋は
いつも繁盛している。小さな店なんだけど。
今日のような(春分の日)日には、開店前からお客さんが
並んでいる。赤飯とか饅頭とか売ってるんだ。
私は甘いものをさほど食べないので、買うときは、おいなりさんなんですが、
そこの大福とかも結構美味しい。
って、結局食べてるんかい。。

       

3月20日(月)

ちょっと体調悪くて病院に行ってみた。
そしたら、なんと4時間も待った。ひぃー。
そうか、今日は日曜日と祝日の間の月曜日だったからかい。

待ってるとき、近くにいた、子供(男)が一人でトイレに行った。
どうやら、扉を閉めてなかったらしく、
「シャー」という音が待合室の中に響き渡った。
あせった、母親が慌てて飛んで行った。
可笑しくて可笑しくて、耐え切れなくって、私はブハハと笑い出してしまったけど、

待合室のほかの方々は、ご自身の読書に一生懸命(のフリ?)でした。ハイ。
あぁいうときは笑ってはいけないのか。

       

3月18日(土)

歯医者が近くにあるわけでもないのに、
歩いてると、歯医者の匂いがしてきた。
不快。
こういうときは、道を変更する。

       

3月17日(金)

ああ、ついに間近で見た。アキバの人。年齢不詳だけどネクタイして割とこぎれいな服装をしている。
フツウにしてりゃ、何も思わないはずの方。
私の隣に座るその人、何が違うかというと、膝の上にメイドカフェの写真集だかガイドブック。
ページには『ほぉ〜むcafe本店』と書いてある。
そのページの上には大量の生写真だかブロマイドだか、メイドの格好をした女の子の写真が。
周りの人に見せびらかさんばかりに広げてる。二枚の写真はずっと左手に持ち、キョロキョロしながらブツブツ言っている。
集中して見てるわけでもナイらしい。写真を明かりにかざす。なんか透けて見えるのか??

前に座っていた、頭が雷様のようで耳にピアスした少年が至ってフツウに見えた。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


3月16日(木)

少し早い誕生日プレゼントをもらった!
アフリカ生地のカンガ(だったっけ?)という布を使って
作ってくれたカバン。とってもいいいい。
私の好みバッチシ。
それとよく似た布のワンピースを持っているので、
それと一緒に使おうかと思ったら、あまりにも
両方ハデなため、一緒に使うと、かなりアヤシい人になりそうなので
別々に持つことにした。

       

3月15日(水)

結構早い夕暮れ、目の前に巨大な満月が。
今日が満月がどうかわからないけど、とにかく丸かった。
で、近かった。あぁ、私は銀河系に住んでるんだ〜と、熱く思った瞬間。

       
このページのTOPへ

3月14日(火)

クラス後の一杯飲み。
なぜか妙に盛り上がり、電車のことは気にせずもう一軒。
最近は次の日のことを考えるため、そういうことは滅多にないんだけど。
ホッピーそのまま飲み(アルコールなし)が最近のお気に入り。

       

3月13日(月)

菜の花は朝と晩におひたし(醤油とだしとカラシ)にして
あっという間に消費されました。

今日は日向夏という宮崎の珍しいミカンをもらいました。
毎年いただくのですが、皮を薄くむいて中の白い皮のところも一緒に食べるのずら。

やっぱり自然にできたその土地土地のものは美味しいずら。
こういうのを食べてると、サプリメントとかいらないね!!

       

3月12日(日)

館山に行く。
車から見える景色は緑と黄色のきれいなコントラスト。
菜の花の季節だ。整理整頓された菜の花はきれいに咲いている。
一つ一つは小さいかも知れないけど、合わさるととんでもなく大きく、存在感があり
見る人を魅了する。見慣れた風景から四季を感じられるのは幸せだ。

サークルのSさんが栽培したという菜の花をおすそ分けしてもらった。
おすそ分けといいながらビニールに大量。
キャッキャッキャ。普段からよく八百屋で菜の花は買うけど、
量や新鮮さがケタ違い!!遠慮せずにありがたくいただきました!

       

3月10日(金)

今日は秋葉原から乗った。秋葉原というところには、「オタク」の人が多いのかと
思ったけど、歩いてる人はフツウっぽかった。でも、せっかく秋葉原にいるんだか
ら、、と
「きっとこの人はオタクなんだ」と
めがねかけてる人を勝手に皆「オタク」にしておいた。

さて毎週金曜日はつくばエクスプレス内の話ばかりですが。
本日、目の前に座ったOLさんが、しきりに口を動かしている。
どうやら、グミを食べているらしい。袋には「カムカムグレープ」と書いてある。
だから噛む噛むしてるんだな。
しかしそれにしても下あごを異様な速さで動かすから、気になって仕方なかった。

北千住あたりで、その人の隣にルイビトン鞄とフォーションの手提げを持った
おばさんが座った。小ぎれいで、仕事ができそうな人だったんだけど、
その人が口あけてガムを食べてた。
なんかアンバランスを感じた。

「食べる」という行為は、品が出る。
よく料理番組で芸能人が食べているのを目にする。
若いキレイな格好をした美人のタレントがおちょぼ口でフォークを近くに持っていっ
てる。しかし食べる瞬間にボロが出る。
よっぽどがっつきながらも美味しそうに食べる石塚英彦(だっけ?)の方が
品があったりするから不思議だ。
何がダメなのかはよくわからないけど、「フリ」だけではダメなんだな、と言うこ
と。
お化粧したり、ブランドの服を着たりすればある程度見栄えはいいんだけど、
食べ物を食べたりするときってのはその人の隠せないものが現れる気がした。
普段そんなこと考えてモノ食べてるわけではないけど、
時間のあるつくばエクスプレス内では、いろんなことに気づく。
そういいながらも、駄菓子屋で売ってるようなコーラのデカイ飴(昨日中華街でも
らった)を右頬でなめながら
人を観察していた私はこぶとりじいさんのようだったと思われる。
これはこれで品がなかったワネ。

       

3月9日(木)

久しぶりの中華街。
というか、衣装の相談をしに行ったんですが。

またもやチャイハネに行きました。
あるわあるわ、心ワクワクさせられるブツたちが。
でも色々試着してもかわいいワンピースとかはどうもキツク、
かなりの量の男物を購入。あぁぁ、フリーサイズが小さいとは、なんたること。
バリ染めの紫のズボンと、男モノのストライプシャツと、シンプルシャツと、ハデハ
デT−シャツと変な帽子と、アフリカンな巨大スカーフと茶色のざっくり服
と、バミューダパンツと上着がお揃いのアフリカンツーピースを購入。
押入れがどんどん無国籍色に染まっていくのを見るとワクワクドキドキ。

       
このページのTOPへ

3月8日(水)

東長崎の駅近くの薬局にいたら、
ハーモニカの音色が聞こえてきた。

何の歌だっけ、「白樺〜♪青空南風〜」確か千昌男の歌ではなかったかな。
薬局前のファミリーマートの角から
帽子をかぶったおじさんが登場した。
左手にハーモニカ。
なんか、今日のいい天気にピッタリ。
楽しい気分になった。

でも、よーく観察してると周りの人たちは決して目を合わせない。
きっと頭がおかしいと思ってるのかも知れないな。

でも、小学生がハーモニカを吹いてたら
ビックリしないだろうけど、おじさんが吹いてたらダメなんだろうか、
と考えると決して悪いことではないと判断が下された(私の中で)。

春の陽気に似合わない雪ソングだったけど、
次回は「春一番(キャンディーズ)」とかをリクエストしてみようかな。

       

3月7日(火)

いつも誰に対してもいい人であろうとする人は
誰からにもどうでもいい人って思われる。

その人がいなくなった瞬間に悪口を言う人は、
結局はどの人たちからも信用されない。

       

3月5日(日)

オリオン食堂という南口にあるラーメン屋に行った。
つけメンの中盛りを食べた。ここは、並も、中盛も大盛も同じ値段。

先月来たときも中盛りにしたんだけど、どうも今日の方が量が
ものすごい多い。「これ、中盛りですか?」と確認したら「はい」と言われた。
同じ量だとしたら、かなりボヨボヨになっていたということかぁぁぁ???
うーむ、と思いながら完食しましたが。。

       

3月4日(土)

常磐線、日暮里駅ホームにあるジュースのサンプルが全部曲がって設置されている。

ずっと見てると目が回ってきた。びっくりハウスに乗ってるみたい。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


3月3日(金)

本日のつくばエクスプレス。
先頭車両に乗る。この座席には私だけ。
前の座席には親子三人。母と小さな姉妹。
姉と思われる子は髪が長く、楽しそうに母としりとりをしている。
妹は左手の中指と薬指を口にくわえながら、母にもたれる。
右手には、回数券をいれておく切符ホルダー(?)が三枚。
じっと凝視している私の存在に気づき、向こうも私を見る。
目が合うと目をそらす。
姉のしりとりは佳境に入る。
「あんぱ」とかわけわからない言葉を発している。
どうやら、「あんぱん」の間違いだったらしい。
しかし、どうせ『ん』がついてしまったから、あんさんの負けですわい。

その後、仕切りなおしたらしい。
私もそろそろしりとり観戦にも飽きてきたので、
ボーっとしていると、
『う』のところで、
「うん●!」とでかい声が聞こえてきた。
母親が焦り、「しーっ、恥ずかしい」と。
我に返った姉は周りを見渡す。
さっきまでボーっとしてたのに、
ついついその発言に反応してしまった私と目があってしまった。
笑いをこらえきれず、笑ったら、
その子は、照れくさそうにうれしそうに満面の笑みを返してきた。

カワイイなぁ。

しかし隣では、姉の「うん●」発言にも動ぜず
ぐーすか寝ている妹がいた。
どっちが大物なんだろうか。。

       

2月28日(火)

今日からギターをはじめてみた。
なんせ飽き性なんで、いつまで続くかわからないけど、

調弦の仕方を習って、
ドレミファソラシドが弾ける様になった。
ついでに「チョウチョ」と「めりーさんの羊」と「チュウリップ」も弾けるように
なった。
それを喜んでる自分が結構可笑しくって、
本当に声を出して「プ」っと一人で笑った。

この一人で笑う暗さ加減、ギターを黙々と練習するには
いい性格なのかも知れない。。

       
このページのTOPへ

2月26日(日)

今朝、身体が重くて 苦しくて起きたら、
お腹の上に猫が二匹乗っていた。
ブラッキーと隣の実家で飼っている(最近はほとんどうちにいるけど)猫のさっちゃんだった。
「えーい、重い」と、はらいのけて、もう一度寝た。
次に起きたら、お腹の横で二匹とも寝ていた。

       

2月25日(土)

昨日レッスン中 腰が痛くなり、関節が痛くなり、
マズイなーと思ったら、家に戻ると39度近く熱があった。
ひぃぃ、と思いながら うなされながら寝た。
今日は朝10時から2時半までだし、その後は館山に行かなくてはならなかった。
朝起きたらフラフラしてたけど、レッスンをしているうちに 平常に戻ってきた。
すごい回復力。
それにしてもあれは、風邪だったのか、それともなんだったのか。
知恵熱っぽかったけど (たまにある)、なんの知恵なんだろう。

       

2月23日(木)

今日昼ぐらいに池袋の駅を通った。
西武線の駅構内にある立ち食いスタンドは満員だった。
焼きそばとかうどんとか。。
しかしそこにいるのは、世の中のお父さんたちばかりだった。
お父さんたち、頑張ってるなぁ。と、感慨を覚えながら
私は、ランチをする(だけの)ために待ち合わせの新宿に向かった。。

       

2月16日(木)

5年ぶりぐらいにプリメラのスタジオに行った。
東新宿の駅から行ったら、
全くどこがどこだかわからなくなった。
昔よく通ってたときは、JRの大久保駅から行ってたから。

大きな通りが交差していて、
私がイメージしている交差点と違うし、
ずーっとボーっと何分か交差点の横断歩道の前で
立ち尽くしていた。
小雨も降っていたし、これではマズい、と思い、
角にあったマクドナルドの店員さんに聞いたら(コーヒーも一応購入した)、
ご丁寧に教えてくれた。

次回行く時は、もう大丈夫。目印を見つけた。
大きな看板で「ホストクラブ 愛」と書いてあるところの方角に行けばいいんだから。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


2月15日(水)

久しぶりに、池袋のフットセラピーに行く。
最近は江古田の鍼灸院に行く回数が増えていたので
なかなか時間がとれず行けなかった。夏以来だ。
そこの店は皆施術が上手いのだけど、相性ってある。
私が必ずお願いするSさんが、今日はいた。

すると、久しぶりにも関わらず、私が秋にスペインに行っていたことも知っていた。

なんとこの日記を読んでくれているんだって!
ま、恥ずかしい!これもきっと見てくれてますねぇ!

「オイルはローズマリーですね!」と
私が言わなくても知っていた。
ROMERO=ローズマリーということをHPで見てくれたらしい。
なんだか、丸裸にされてるみたい(って、施術中はパンツ一丁だから裸なんだけど、、)。

このところ、背中から頭にかけて、のぼせるというか、
アップアップした状態になることが多い。
気づいたら、呼吸し忘れて、苦しくなって急に大きな深呼吸する、様な感じ。
でも、やってもらった後は、フーっと軽くなった。
人ごみの時間帯の池袋も、イヤーな気持ちにならず歩けた!

また、今月中に行きますからね!次回は経絡やってみよー。

       

2月14日(火)

そっか、今日はバレンタインデーか。
テレビを見てて気づいた。
バレンタインデーって、小学校のときとか、ワクワクしてたけど、
あんまり興味ないなー。
会社のときも、上司に義理チョコをあげたこともないし。
でも、テレビの中の、お父さんたちが、
「最近の子はドライですよぉ、何にももらえません」と
ちょっと寂しそうにしていたのは、なんか理解できた。
値段ではなく、ちょっとしたことがうれしいんだろうし、
子供たちに「パパはこんなにもらったよ!」というのが、これまたパパの名誉になる
んだろうし。

しかし、こういう記念日にとんと興味がない私も、
レッスンの帰りに、コンビニによって「チョコ一つぐらい買って帰るか」と
思ったけど、売ってるチョコはまずそうなのに高いから、
なんだかなぁ、、、どうせ私が食べるんだし、、と思って、麦チョコを購入して帰りました。
旦那は麦チョコに思い出があるらしいので。
見た目よりも、味と値段のバランス、そして思い出が大切!と現実的な私でございました。

       
このページのTOPへ

2月12日(日)

ここんところオリンピックがテレビでやっている。
冬季オリンピックを見ると、だいたいがスピード競技だ。
氷や、雪の上を滑る。
スピードを出したり、滑ったりするという行為が最も苦手な私は
それだけで、選手を尊敬する。
しかし、ほんの0.1秒とかで争ったりするのって意味あるのかな。
そんなに急いで勝ってうれしいのかなぁ。
 
やっぱり冬の競技だけあって、北国が活躍していた。
ノルウェーとか、フィンランドとかスイスとか。
しかし、やはり強いのはアメリカ合衆国。
United States Of America は恐るべし。
色んな人材がいる。国土も広けりゃ、民族も多種多様。
そして自信満々。
スポーツの世界には負けん気の強さと、強靭な精神力が必要なんだろうな。

私が中学時代バレーボールをやっていたとき、
同じチームの子たちが、盛り上がれば盛り上がるほど、私の気持ちは
冷静になっていってた。
あまり勝ち負けに興味のない私は、強靭な精神力も
熱く必死になる気持ちもなかったんだ。

今更ながら、ごめんなさいね、富雄中学バレー部時代の友よ!
しかし、反省しながらも、そういう精神力や気持ちは今もないけど。

あ、話はオリンピックだったのに、私のへなちょこ精神力の話で
終わってしまった。。

       

2月10日(金)

味覚。
キライな食べ物はあまりないけど、
「唾液のすいとられるもの」「特定の甘いモノ」「ナッツ系」「ラムレーズン」は、特に食べようと思わない。。

①唾液のすいとられるもの・・・ モナカとか、源氏パイとか、タルトの堅い部分とか、食パンのミミとか。

②特定の甘いモノ・・・甘いモノも好きなんだけど、たまに受け付けない味がある。
 チョコレートと、アイスクリームはスキ。

③ナッツ系・・・大学時代に古いピーナツを食べて以来、どうも。。くるみは、唾液も吸い取られるし かなり不得意。

④ラムレーズン・・・ラムもレーズンもキライじゃないけど、ラムレーズンはアイスも不得意。
 プラスティックの味がする。

果たしてこれを書いて、だからなんなんだ、って感じだけど、
たまに、自分で「そうだったんだ、、」と思うこと。

でも、決して食べれないわけでなく、他のものがあれば、他のものを好むというだけで、
アレルギーとか、食べれないというわけではない。。

だから、なんなんだって感じですが。。

       

2月9日(木)

昨日の日記、沖縄料理店「海風」じゃなくって、「南風」の間違いだった。

       

2月8日(水

東長崎は、あまり洒落た店がないんだけど、
なかなか美味しい沖縄料理「海風」というところがあった。
しかし、本日いってみたら、今月の25日で閉店して、
マスターが沖縄に帰ってしまうらしい。。あぁ、そしてまたいい店が一軒なくなってしまうのは悲しい。
だから今日は最後になるだろう、ボトルを1本あけてみた。(あ、四人でね。。一人ではないから。。)

       

2月7日(火)

今日はおばあちゃんの命日だ。
私が小学校一年生のときに亡くなった。
お葬式の日のことを今でも覚えている。
かと言って、私はおばあちゃん子だったわけではない。
その時いた4人の孫の中では、多分一番かわいがられていなかったと思う。
おばあちゃんといるときは、必ず私以外の孫3人は
「おばあちゃんが一番好き」って言ってたのに、私だけはいつも
「お母さんが一番好き」と言ってたから。そりゃ可愛くないわな。

でも鮮明に覚えている。
その時の匂い、その時のシュチュエーション、その日、自分が着ていたセーターの
柄。
知らないおばさんから話しかけられた言葉。
その時食べた美味しかったチョコレート、
その日の夜、おじいちゃんとうちの姉と3人で寝ようとしたとき
姉が明日学校に来ていく服を取り出そうとして、
箪笥を開けようとしたのを、私が足で阻止したら、
おじいちゃんに、足をつかまれて怒られたこととか。

私が生まれて初めて肉親のお葬式に出た日。

       

2月6日(月)

NHKのテレビをみていたら、大阪弁講座というのがあった。
思わずずっと見ていたら、
「シャベル」と「スコップ」の違いがあるというのが驚きだった。
私はスコップというのは、小さい庭に使うやつ、シャベルってのは、
デカイやつだと思っていたけど、
どうやら東京では違うらしい。
ショーック。かなりもう東京人入りしてると思っていたのに
知らないことがあったなんて!!

       

2月3日(金)

恵方巻きを2回食べた。
一回はつくばの公園で。でも方角がわからないから、
適当に食べた。
家に帰ったら一本あったので、きちんと方角見て食べた。
モクモクと無言で。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

2月2日(木)

とうとう帰国日。やっと太陽にもなれた頃に帰国か。残念。
でも最終日も、お土産やに寄るというコースはとらずに最後まで海辺に。
そして今日はうちの母の誕生日でした。
オメデトーとサイパンで思っていたけど、この声は届いてないだろうな!

サイパン行く前、うじうじ悩んでいたことも
海に入ると、それが少し半減してくる。
暖かいところっていいな。うじうじしてるのがアホらしくなってくる。

今度はいついけるのかな、南の島に。
どこに行けるのかなぁ。

       

2月1日(水)

今日はのんびり近くのビーチへ。
日本から3時間なのに、キレイなんだな、海って。
積極的に日焼けしながら、海で泳いだりプールで泳いだり。
プールのところに、バスケットゴールとボールがあったので、シュートをした。
私って結構、シュートが上手い。運動神経は鈍いけど、範囲の決まったところの(あまり動かないでいいから)、
ボール関係は結構フツウぐらいに上手い。卓球とかバトミントンとか。
あまりにも私が上手いからか(うふふ)、日本人の男の子4人組がじーっと見てるので、ボールを譲ってあげた。
その後、私はプールの中での逆立ちに興じていた。
あまりもの勢いで、鼻から大量の水が入って、ぎもぢ悪くなった。

       
このページのTOPへ

1月31日(火)

魚が見える、魚が。あまり水は得意ではないけど、
この2年ぐらい前から海というのは素敵だなぁ、というのを感じ出した。
今までどうして気づかなかったのだろう。
本当の浅瀬なんだけど、魚ちゃんたちと一緒に泳いでる。
サイパンのマニャガハ島の魚は、ピトをすると寄って来る。海だなぁ、キレイな海だなぁ、自然はスゴイなぁ。

近くでは韓国人の女の子二人組みが、初めてのシュノーケリングをしているらしい。

どうやらインストラクターみたいな韓国人男の子がついてる。
そのうちに、一人の女の子が、救命道具(?)みたいなのをはずして、もう一人の女の子に持たせていた。
そして、インストラクターと、救命道具をはずした女の子は楽しそうに二人で泳いでいる。
もう一人の子は、彼女の救命道具を持ちながら、自分は救命道具をしたままその辺にプカプカ泳いでいた。
おぉ、ポブレシータ。
というか、もう一人の彼女の神経が私にはわからなかった。

でも、そんな人間社会の不可思議な行動を見るよりも魚ちゃんを見ているほうがいいので、また魚社会に戻った。

       

1月30日(月)

今年の南の島は「サイパン」。
またもや、ものすごい小荷物で、旅にでかける。

人数が多かったせいか、なぜか、ビジネスクラスに搭乗!
ラァッキー!
ノースウェストの食事はあまり美味しくはないけど、でもでも、プラスティックではないお皿に感動しつつ、
たった3時間のフライトかぁ、と思いながら常夏の島に到着。
常夏の島は匂いが違う。匂いが。
南の匂いはとっても穏やか。

       

1月21日(土)

雪が東京に降った。
今日一日中降り続いた。

近所を歩くのに傘をささずにいたら、
皆に心配された。
近くだからいいか、と思ったけど。。

雪というのは、好きでも嫌いでもない。
ワクワク感もなければ、ドヨーン感もない。
あえて言えば、今度生まれ変わったら、透き通るような肌の、雪のような、かよわい女の人になりたいかな、
といいつつ、南の島で日焼けをしまくる、あぁ今生。

       

1月20日(金)

電車に乗ると、慣れてないからか、
疲れる。
私は視力が2,0なんで、色んなものが見えてしまう。
そして色んなものを無防備に観察してしまう。

前にいる人の疲労度や、人生観まで見えてしまう。
で、疲れる。

こういうときは、いつも以上に熱いお風呂に入るに限る。

       

1月19日(木)

ものすごく久しぶりに「歌舞伎揚げ」を食べた。
これは、子供の頃は「ぼんち揚げ」と言ってた。
これは、関東と関西の違いなのか?それとも菓子メーカーによって
名前が違うのか。
それにしても何故、「歌舞伎」や「ぼんち」なのか。
う〜む、と考えながら、一袋はすぐなくなった(ミニ袋ですからね!ご安心を)。

       

1月17日(火)

今日パン屋で「パン屋の肉まん」というのを購入してみた。
なんてことはない、パンの中に
べっとりした内容のブツが入っていただけだった。肉まんという名称に意義アリ。
大して美味しくもなかった。
ガク。ショック大。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

 


1月16日(月)

最近、コンビニとかでやたらと、「恵方巻き」というのを宣伝している。
2月3日節分の日に、巻き寿司をまるかじりするやつだ。
この5年ほど東京で、どえらく宣伝している。

私は子供の頃から、この風習が当たり前であって、2月3日になると
無言でお母さんの作ってくれたのり巻きを、ある方角を見ながらモクモクと食べていた。


1本食べる間に、喋ってはいけないことを忘れて、結局は話してしまうんだけど。

大学時代、この風習のことを話したら、友人たちは「そんなの嘘だ」と笑っていた。
それがあっという間に東京にも広がっているんだから。
さぞかし昔昔から知っているかのように。

日本のいい文化を現代的に取り入れる、それをおもしろがって常識にしてしまう、そういう
のは大いに結構だと思うけど、商売商売って感じがしなくもない。

ちなみに「鰯の炊いたヤツ」も食べるんだ。
さすがにそりゃコンビニでは売れないだろうね。どーせだったらセットで売ってみたまえ。

私は、東京に来てからは、その日に巻き寿司を食べてない。
でも今年は作ってみようかな、と思ってみたりした。

       

1月12日(木)

東長崎で一杯飲むときよく行く店。
「とりんと」ここは、確か一昨年ぐらいにできた。
とり専門店。
一度開店したとき行って、「ふーん」と言う感じで
その後行ってなかったけど、あるきっかけでまた行くようになった。
最初どうしてそのよさに気づかなかったのか、、と後悔してしまうぐらい
今は大好きだ。
オススメは鳥の刺身三点盛り。白レバーと砂肝とささみの刺身。
これがもう美味しい美味しい。
コロッケや、親子丼や、サラダや、もちろん焼き鳥と、なんでも美味しい。
丁寧なんです、仕事が。

そんなに大きな店ではないので、すぐ満員になってしまって、
入れないこともある。

そういうときは、仕方なく(笑)「笑笑」へ。

       
このページのTOPへ

1月9日(月)

今年初ライブ。
踊りは、中尾さんと中尾さん生徒の京ちゃん、
私とあっきーと。
ギターは、片桐、カンテは高橋綾ちゃん。
飛び入りでアルゼンチン人カホン。

なかなかアットホームないいライブでした!

       

1月5日(木)

5年間使った携帯電話の充電が、もたなくなったので
買いに行った。
何もかもがわからなかったので質問ばっかりしてたから
店の人イヤだっただろうな。

5年前に1円で購入したJ−PHONEの電話が折れ曲がらないやつだったんで
どうも折れ曲がり携帯に抵抗があったので
NOKIAの折れ曲がらないやつにした。
店の人に「他の機種と使い勝手が違いますよ」と言われたけど、
どうせ、もともと電話とメールしかできなかったから
同じだと思って、最初にいい、と思ったそれを買った。
2年以上の人は、11000円だったけど、なんやかんやポイントがたまっていたらしく
2000円で買えた。

カメラつき携帯なんてはじめてだったので、
適当にボタンを押したら、魚眼レンズでとれた私の顔は、かなり
おもしろかった。

       

1月3日(火)

姉夫婦も関西に戻っていて、一緒に車に乗って名古屋に行った。
泊まるつもりはなかったけど、居心地がいいので
泊まった。
連れて行ってもらった台湾料理屋がサイコーだった。
汚さといい、本格的な味といい。
姉夫婦が普段食べるだろう4倍ぐらいの量を
勝と私が食べたので、おののいていた。
「味仙」というところだ、確か。

       

1月2日(月)

奈良に帰った。
父上は、同窓会かなんかでどっかに行っていた。
私に会いたくなかったのかな。
母上は相変わらずボケをかましてくれてた。
弟は今年就職活動らしい。
彼曰く、母と姉と弟は似ているのだと。
父と私は似ているのだと。
顔は母上に似たかった。。。

       
●  2006  
 
top
profile
class information
events schedule
link
bbs
map

1月1日(日)

あけましておめでとうございます。

大晦日、元日とも姪の「あみだくじ」「すごろく」「迷路」作りを
一緒にさせられてます。
イラストつきで結構楽しめる。
私が作ったスゴロクは、オバケスゴロク。スタートが目玉オヤジで、
途中で一反木綿が出てきて(水木しげるさん、スミマセン)。。

で、アミダクジを作っている最中に、なんで「あみだくじ」って言うの?
と質問され、わからなかったので、調べてみた。

「阿弥陀如来」からきているそうだ。
あみださまの後光がルーツ。
昔のあみだくじは、真ん中から外に向かって人数分の線を描き、それを皆で引いたらしい。

       
このページのTOPへ

 ⇒ 2005/4/1 〜5/31 Diary
 ⇒ 2005/6/1 〜8/31 Diary
 ⇒ 2005/9/1 〜12/31 Diary
 ⇒ 2006/1/1 〜現在 Diary

       

宮本 亜都子     

 

       

Last Update 2007/10/24 atsuko

       
Top

ROMERO INDEXイベント等のお問い合わせ、ご連絡はスタジオ・ロメロ amiyako@hotmail.com までお願いいたします。