2018年 1月吉日
多文化共生を目指す教育関係者の皆様
グローバル化社会の教育研究会 事務局
第63回 グローバル化社会の教育研究会のご案内

寒中お見舞い申し上げます。

  さて、本年最初のEGS研究会
(第63回) は、日本アクティブ・ラーニング学会の難波 俊樹事務局長に話題提供をお願いし、地頭 (じあたま) のよさを育くむ教育について考えます。

  ペンネームの 「はざまけんじ」 の方が、皆様には親しみがあるかもしれません。 文学青年でありながら、“未来型の算数能力” を育成するための学力診断法と教材の開発を志し、教育現場や家庭で実践できる学習支援システムを 数々提案してこられています。
  グローバル社会を生き抜く力は、“学ぶ力” があってこそ育ちます。 今や流行語ともいえる 「アクティブ・ラーニング」 の基礎にも、“学ぶ力” が欠かせません。 いわゆる “地頭のよい子” をどれだけ育てられるかを追究されている難波さんのお話を基に、グローバル化社会における教育のあり方を一緒に考えましょう。

  
なお、準備の都合上、お申込みは お早めにこちらまで ご連絡ください。 (受付: 2月 9日まで)



開催日時 :  2018年 2月16日(金)  午後2時〜4時半
開催場所 : 聖 学 院 中 学 校 ・ 高 等 学 校
(東京都北区中里3−12−1 Tel.03-3917-1121)  地図
   * JR山の手線「駒込駅」東口より徒歩5分、地下鉄南北線「駒込駅」北口より徒歩7分

研修テーマ: “地頭”がよいとは?
      --- 学ぶ力を引き出す教育の再生を

 (1) 話題提供:

難 波 俊 樹 (日本アクティブ・ラーニング学会 事務局長・理事)
1967年 大阪生まれ。 国学院大学文学部を卒業後、東京工業大学大学院 社会理工学研究科修了。 1995年にユーフォ―ブックス(株)入社。 2017年から東京富士大学 非常勤講師。数学的な見方・考え方と汎用的問題解決力の育成が 研究テーマ。 『算数と国語を伸ばす天才パズル』(学研出版),『小学生でも解ける東大京大入試問題』(東洋館出版社) など著書多数。 数学検定協会問題品質委員、日本数学教育学会 会員。

 (2) 自由協議:


話題提供の後、ご意見・ご質問をたくさんいただき、活発な会にしたいと考えています。

参 加 費:

1,000円 (運営費)

申込み方法: 氏名、所属先、Eメール連絡先、(もしあれば)同伴者の氏名、ご意見・ご要望などを <kyoiku@t.toshima.ne.jp>まで ご連絡ください。
以 上 .

H O M E