1. ホーム
  2. 豊島区民社協事業一覧
  3. 受験生チャレンジ支援貸付事業

受験生チャレンジ支援貸付事業

学習塾などの費用や受験費用についての貸付を行うことで、一定所得以下の世帯の子どもたちを支援します。

東京都は、学習塾や受験などの費用について、捻出が困難な一定所得以下の世帯に、無利子の貸付を行うことによって、子どもたちの学習意欲をサポートします。高校・大学等へ入学した場合、返済が免除されます。豊島区にお住いの方の相談窓口(豊島区役所4Fくらし・しごと相談支援センター内)

貸付金

1.学習塾等受講料貸付金

  • 中学3年生とそれに準ずるもの 200,000円
  • 高校3年生とそれに準ずるもの 200,000円

2.受験料貸付金

  • 中学3年生とそれに準ずるもの 27,400円(上限)
    (1度の貸付で4回(校)まで、1校当たりの受験料23,000円まで)
  • 高校3年生とそれに準ずるもの 80,000円(上限)
    (回数や1回当たりの上限の定めはありません)

※ 1・2の併用可、ただし、子ども1人に対し、一度限りです。
※ 連帯保証人が1名(1・2同一でも可)必要です。

ご利用いただける方

次のすべてに該当する方です。

  1. 世帯の生計中心者(20歳以上)であること
  2. 世帯収入(父母等養育者)の総収入または総所得を合算した金額が一定基準以下であること

    表1 給与収入や年金収入の場合
    表2 事業所得がある場合

    表1 総収入/給与収入(年間)
    #

    表2 総所得/事業所得(年間)
    #

  3. 世帯員の預貯金等資産の保有額が600万円以下(世帯)であること
  4. 世帯員が土地・建物を所有していないこと(現在住んでいる場所の土地、建物は除く)
  5. 生計中心者および要支援者は都内に1年以上在住(住民登録)していること
  6. 生活保護受給世帯の世帯主または構成員でないこと
  7. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員が属する世帯の構成員でないこと
    ※要件を確認するため、課税証明書や住民票、預金通帳などの必要書類を提出していただきます。
    ※借入申込書提出までに、借入申込者自身が窓口に来所することが必要です。

詳しくは東京都福祉保健局のホームベージをご覧ください。
東京都 受験生チャレンジ支援貸付事業(東京都福祉保健局)

問合せ

申請にはこのほかにも条件があります。詳しくは以下まで、ご相談・お問合せください。

総務課 貸付担当
〒171-8422 豊島区南池袋2-45-1 豊島区役所4階
くらし・しごと相談支援センター
問合せ先はこちら(相談受付時間 8:30~16:00)

 ※社会福祉協議会事務局とは異なる場所です。ご注意ください。

このページの先頭に戻る

  • 目的から選ぶ
  • 暮らしのサポート
  • 貸出サービスを利用したい
  • 講座・イベント
  • ボランティアの情報
  • 寄付・募金をしたい
  • 地域活動のサポート
-->