活動年表

平成20年(2008)
3月13日  第1回準備会(場所:ホテル機山館)
       8年前に旧東方文化学院(現・拓殖大学国際教育会館)の保存運動をした仲間が集まり、東京中
       央郵便局保存運動を始めることを申し合わせた。東京中央郵便局が現在置かれている状況を
       確認。会の名称、組織、役割分担を決め、早々に発起人会を開催することを決める。4月6日に
       中央郵便局を囲むヒューマンチェーンを企画したが、警察の許可が下りないことが確認された
       ので、やめる。
3月21日  第2回準備会(場所:ホテル機山館)
       趣意書、会則のチェック、発起人会の段取りの確認。今月中に要望書提出を確認
3月25日  発起人会(場所:憲政記念館、18:00〜20:00)開催。発起人130名で発足。当日参加者30名。
       マスコミ多数。
       「東京中央郵便局の重要文化財指定を進める国会議員の会」からも2名出席。
3月31日  千代田区長 080331chiyodakutyou.pdf 及び、 千代田区議会議長 080331chiyodakugityou.pdf 
       あて要望書および陳情書提出。
4月 3日  第1回運営委員会(場所:ホテル機山館)
       今後の活動スケジュールと郵政グループへの要望書チェック他を行う。
4月 8日  郵政株式会社西川善文社長 080408yuuseinishikawa.pdf 宛要望書提出
4月 8日  郵便局株式会社川 茂夫代表取締役会長 080409yuubinnkyokukawa.pdf 宛要望書提出。
4月 8日  増田寛也総務大臣 080408masudasoumudaijin.pdf 宛要望書提出
4月16日  千代田区議会企画総務委員会勉強会に出席し、東京中央郵便局の重要性について説明。
4月21日  第2回運営委員会(場所:千代田区役所議員会議室)
       現状分析、東京都、文化庁への要望書提出について検討。
5月12日  第3回運営委員会(場所:千代田区神保町出張所会議室)
       現状分析、今後の活動の進め方について。
5月 7日  東京中央郵便局の窓口業務のみ残して移転。
5月14日  東京都知事 080514tochiji.pdf および東京都議会議長 080514togikaigichou.pdf 宛要望書
       および陳情書提出。
5月27日  東京中央郵便局の重要文化財指定を求める議員連盟の勉強会に参加 
       (場所:衆議院第一議員会館会議室15:00〜16:00)
       東京中央郵便局保存のための建築基準法改正についての案が示されたが、国交省は反発。
       郵政グループは欠席したため、再度開催を決める。
5月27日  第4回運営委員会(場所:ホテル機山館)
       当日、午後の議員連盟の勉強会の内容についての分析と今後の活動について検討。
6月 3日  文化庁へ要望書 080603bunnkatyo.pdf 持参。
6月13日  東京中央郵便局の重要文化財指定を求める議員連盟の勉強会に参加
         (場所:衆議院第一議員会館会議室14:00〜15:00)
       郵政株式会社から2名出席。郵便局株式会社は欠席。議員連盟から重要文化財指定を受け入
       れるよう要請書を手渡す。郵政側は、何も決定していない、全面保存も選択肢の中にはある、と
       いうものの着々と取り壊し準備を進めている。
6月13日  第5回運営委員会(場所:ホテル機山館)・・・議員連盟の勉強会の分析と広報活動の充実につ
       いて。
6月25日  郵政株式会社、東京中央郵便局の超高層改築案を公表 。
6月30日  10時30分〜 千代田区議会企画総務委員会、東京中央郵便局視察。当会も5名が同行。営業
       室から屋上、2階作業室などを見学。天井の高い八角形の柱が連なる大空間は見事。また中庭
       を使ってしっかり耐震補強がなされていた。
6月30日  午後2時〜 3名で千代田区議会企画総務委員会傍聴。
       当会が3月31日に提出した陳情と日本建築家協会関東支部が提出した陳情書が審議され、「東
       京中央郵便局保存に関する委員会集約」 がまとめられ、高山議長名で郵政株式会社西川社
       長あてに「東京中央郵便局建造物保存に関する要望書」が、議会の議決を経たのち、提出され
       ることになった。
6月30日  午後6時から建築会館ホールでシンポジウム「日本における近代建築の原点―吉田鉄郎の作
       品を通して―」が開催され200人近い参加者があった。富山テレビのドキュメンタリーを見たあと
       パネルディスカッションになったが、当会からは南芝浦工大教授が司会を行い、パネリストとし
       て鈴木、田所、兼松、多児が参加した。
7月4日   東京中央郵便局の入札公告。
       千代田区議会から郵政あて「東京中央郵便局建造物保存に関する要望書」 chiyoda080704.pdf
       提出。
7月17日  第6回運営委員会(九段生涯学習館)弁護士を交えて対策を検討。
7月22日  郵政グループに公開質問書 080722koukaisitumon.pdf  を提出
7月22日  東京中央郵便局内のゆうちょ銀行本店が郵船ビル1階に移転オープン。
       郵便局窓口は、商工会議所ビル、大手町、八重洲に分散移転。
7月25日  千代田区景観審議会で「(仮称)丸の内2丁目7番計画建設事業」を議論
  29日  平成20年度「東京都環境影響評価審議会」第4回総会で「(仮称)丸の内2丁目7番計画建設
       事業」環境影響評価書案が諮問
7月31日   東京中央郵便局前で重文指定アピールのビラ配り 080731bira.pdf 
8月 7日   JPタワーの環境アセス説明会に運営委員が出席=1300%を超える高容積は、現時点で担保さ
       れていないが、都市計画決定されないこともありうるのでは、という質問には、そのようなシナリ
       オは考えたくないと・・・。
8月11日  第7回運営委員会(機山館)
        環境アセス説明会の報告、内閣改造後の働きかけについて、その他。
8月19日  東京中央郵便局前で重文指定アピールのビラ配り
8月22日  東京中央郵便局前で重文指定アピールのビラ配り
8月25日  東京中央郵便局前で重文指定アピールのビラ配り
8月27日  国会議員の会、重文にする会、文部科学大臣、同副大臣に面会。重要文化財指定に関する打
       診。
9月 1日  福田総理退陣表明
9月 3日  都市計画提案説明会
9月 5日  郵政ビル前で重文指定アピールのビラ配り
9月 9日  郵政ビル前で重文指定アピールのビラ配り
9月11日  日本生命丸の内ビル前で重文指定アピールのビラ配り
       ・藤沢市市議会議長と面談。市民を交えた藤沢市の文化財保護の事例を踏まえて、保存経緯
        などについての意見交換を行った。
9月13日  「日本における近代建築の原点-吉田鉄郎の作品:大阪・東京ふたつの中央郵便局庁舎-」(大
       阪、JIA近畿支部主催)
9月16日   第8回運営委員会(機山館)
        東京の顔「丸の内」を守る会が参加して意見交換、連携を図っていくことに。状況分析と今後
        の戦略について検討。訴訟について再度検討。9月25日に千代田区役所区民ホールで行う
        座談会についての打ち合わせ。
        ・9月13日に大阪で行われた、富山テレビドキュメンタリー映写+シンポジウム「日本における
        近代建築の原点 吉田鉄郎の作品:大阪・東京二つの中央郵便局庁舎の報告。(参加者は
        100名に及んだ)
9月22日  総務省前で重文指定アピールのビラ配り(雨のため中断)
9月25日   座談会「郵便局のあるまち」千代田区役所1階区民ホール
9月26日  文科省前で重文指定アピールのビラ配り
9月29日  内閣府前で重文指定アピールのビラ配り(雨のため中止)
10月2日  郵政ビル前で重文指定アピールのビラ配り
10月17日  入札により大成建設が876億円で落札したことがプレス発表された。
10月20日 建築看板設置(着工21年6月〜完了24年3月・業者未定)
10月31日   日置弁護士に相談
11月 4日  千代田区景観審議会(大橋・山本傍聴)
        解体工事看板設置(アスベスト等除去工事12月4日〜1月31日・大成建設)
11月5日〜11月19日  都民の意見を聴く会の公述人の募集
11月11日  郵政が千代田区議長に説明(幹事長には説明済み)
      出席: 郵政株式会社 CRE部門 不動産部 岡田氏・水口氏
           千代田区議会 高山議長・山田副議長・中村企画総務委員会委員長
    *資料により郵政が説明、7月4日提出の要望の返答ではない。更に返答があるのかは
            不明。
            区議会側より 区議会の要望を最大限考慮した結果とは考えられない、これまでの一方
            的説明を繰り返すだけで、何しに来たのかがわからない、と言うのが感想。
        「中央郵便局を重要文化財にする会」世話人会、国会請願の準備
11月19日  山内俊夫文部科学副大臣に面会。
11月20日  国会請願提出(衆議院258)参議院(230)。以後継続するが、審議未了、廃案となる。
11月25日  「中央郵便局を重要文化財にする会」総会=憲政記念会館
11月27日  東京都議会都市整備委員会(当会から3名が傍聴)
12月 1日  都民の意見を聴く会 公述人6名・・。当会から4名が公述(大橋・川西・多児・山本)
12月10日   都議会一般質問で<民主>大塚、<自民>立石の各議員が東京中央郵便局問題で質問。
12月15日  郵政が歴史検討委員会委員に報告書について個別説明。
12月19日  郵政が鈴木博之委員に個別説明。
12月24日  東京都景観審議会、景観基本計画の変更案が提示(大丸有地区も対象)

平成21年(2009)
1月26日   <公明>長橋都議に面会。東京都都市計画審議会質問について。
2月 4日   <自民>平沢勝栄代議士、<民主>河村たかし代議士に面会。
        千代田区都市計画審議会・・・当会からも傍聴。
        *都計審会長からの質問に対し、区は(重要文化財に指定されるような場合には)別の都市
          計画を用意すると答弁。
2月 6日   東京都都市計画審議会「(仮称)丸の内2丁目7番地計画建設事業」審議・・・当会からも傍聴。
        *審議冒頭、千代田区からは特に無しと報告があり、千代田区都計審会長 chiyodaku-to.pdf 
          の申し送りが公表されなかった。
2月12日   千代田区企画総務委員会・・・傍聴
        *千代田区都計審会長の申し入れの扱いについて東京都に連絡、郵政に説明責任を果たす
          よう確認。
2月19日   郵政が日本建築家協会(JIA)に説明。
2月25日   郵政が「重文の会」に説明
         出席:日本郵政株式会社CRE部門 不動産部 岡田氏、水口氏、三菱地所設計、大成建設
2月26日   衆議院総務委員会にて、河村たかし議員が東京中央郵便局について質問。
        鳩山総務大臣の「トキの焼き鳥」発言で、マスコミがいっせいに取り上げる。
3月 2日   鳩山総務大臣、現場視察。
        運営委員会
3月 3日   千代田区長あてに要望書、
        千代田区議会議長あてに解体中止を求める陳情書 090303chiyodakugityoukaitaityusshi.pdf
        提出。
3月 4日   鳩山総務大臣あてに要望書 090304hatoyama.pdf 提出。
        大臣は、面会後、東京中央郵便局の現場に急行、視察。
3月 6日   千代田区企画総務委員会・・・傍聴。耐震壁の設置について東京都に確認。
        郵政、鳩山総務大臣の理解を得るまで工事中止を発表。
3月 9日   塩谷文部科学大臣に要望書 090309shionoyamonnkadaijin.pdf 提出。山内副大臣、文化庁
        担当官に面会。
3月11日   河村代議士、衆議院法務委員会で質問・・・傍聴
3月13日   郵政、保存部分を約2倍にする計画を発表・・・政治的幕引き。
3月17日   郵政から解体工事を本日より開始と連絡あり。
3月22日   日本建築学会でシンポジウム。
3月30日   郵政との2回目の面談。3月13日、公表の計画の詳細説明・・・保存面積2倍というものの、建
        物のコーナー部分をカットして内側に曳き家するという愕然とする計画だったが、ほとんど報
        道されなかった。
3月31日   国会議員の会有志が東京中央郵便局の現地視察を行い、日本郵政に要望書提出。当会か
        らも3名が同行。
4月 9日   運営委員会。
6月 2日   新HP「レクイエム 東京中央郵便局」を立ち上げる。
   平成24年(2012)
    5月31日   地上38階のJPタワーが完成。
    6月13日   JPタワー(旧東京中央郵便局)は、東京中央郵便局の価値を毀損しているため、登録文化財
            にすべきではない、という意見書を文部科学大臣あて提出。20120613JP-touroku.pdf
    6月29日   HP「レクイエム 東京中央郵便局」を「東京中央郵便局を重要文化財にする会」に改称。


戻る
戻る