中郵ギャラリー

2009年06月01日
竣工間もない東京中央郵便局(撮影日不明)
昭和6,7年頃の撮影と思われる白亜の東京中央郵便局。絵葉書のタイトルは「上空より丸の内ビルデング街を望む」となっていますが、中央郵便局がひときわ目だっています。赤レンガの東京駅は、戦災に遭う前の雄姿を見せています。明治生命館は工事中です。三菱一号館と、その斜め前には半円形の日赤があります。緑のとんがり屋根の八重洲ビルはまだ建っていません。
2009年06月04日
2スパンのみまで解体された東京中央郵便局
撮影:秋山信行(2009年5月30日)


2009年03月31日
解体の進む東京中央郵便局
解体の進む東京中央郵便局の現場を視察した国会議員有志は、日本郵政に要望書を提出。右から石関貴史氏(民主) 佐々木憲昭氏(共産) 平沢勝栄氏(自民) 河村たかし氏(民主) 松木謙公氏
2009年03月04日
雨の中、東京中央郵便局の現場に急行した鳩山総務大臣
東京中央郵便局を重要文化財にする会から要望書を提出した際、東京中央郵便局が壊されているという情報を受けて、現場に急行した鳩山総務大臣。この状況にも日本郵政は、調査をしているのであって壊しているのではないと。
2008年07月31日
ビラ配り
東京中央郵便局前で、重文の会メンバーがビラ配り。窓口移転後で人通りは少なかったが、それでも300枚以上を配布し、ビラが足りなくなった。
2008年06月10日
夜の東京中央郵便局
建替え計画が嘘のように美しい東京中央郵便局(撮影:秋山信行)


戻る