子女教育ニュース

      担当: 国際教育相談員 小山 和智
海外人事や教育関係の実務担当者の皆様に配信しているニュースの一部を、
一般の皆様にも公開します。 教育相談などについては 「教育相談から」を。
2019年 1月。2018年 9月〜12月5月〜8月1月〜4月。2017年 9月〜12月5月〜8月1月〜4月

 ページトップ、 海外支援センター  ※ …@hotmail.com, …@hotmail.co.jp には 配信できなくなっています。 別のアドレスをご連絡ください。
【2019-1月】

明けましておめでとうございます。
  本年も よろしくお願いいたします。

  亥年です。 中国語で 「 <zhu1>」は "豚"の意味で、イノシシは「野猪 <ye3zhu1>」(英語:wild pig/boar) といいます。 『西遊記』の猪八戒も、豚のような容貌で 食い意地の張った好色漢でした。 古代の日本語では、「 <wi>」が "猪",「シシ」は "肉"……つまり昔から食用で、家畜になったのが豚なのです。 なお、鹿の肉は 「カノシシ」…… 家畜にするほどには 美味しくなかったのでしょうか?

"始めから終わり" は "全て/完璧"
  「A to Z」は、"最初から終わりまで (網羅した)" "完璧に, 完全に" の意味ですが、原点は "造化の神=絶対神" の表現にあります。 「私は α(A)であり Ωである。 最初の者にして最後の者、初めであり終わりである」と 新約聖書のヨハネの黙示録に出てきます (22章13節)。「Be-all and the end-all(⇒ 何よりも大事なこと/目的) は、シェイクスピアの戯曲『マクベス』の中の台詞です。 充実した一年になりますよう。
◆ 仏教では、梵語(これも印欧語の一つ) の字母の最初 "a" を万物の根源、最後 "hum" を一切が帰着する智徳とし、対極や対と考え「阿吽 (ahum)」といいます。 寺院の山門には 仁王や狛犬が 対で置かれます。 因みに、マレー語で「aum」は "虎・獅子の吠え声、大声でのお喋り" ですけど。

クリスマスシーズンの終わり
  1月6日は 「Epiphany (主顕節,公現祭)」「Twelfth day(クリスマスから12日目) です。 前夜 (=Twelfth Night) には、英国の名士は 子ども達を自宅に招き、「frost cake」をご馳走します。 “霜降り菓子”といっても、"ice" は砂糖と卵白で作った衣(糖衣) で、中に豆または銀貨を入れて焼いてあります。 自分が貰った一切れに 豆or銀貨があった子は "果報者" とされ、「the King/Queen of Bean」と呼んで、その夜の主人公となります。
  昔は、雇い主が年一回、労働者に ご馳走を与える日(Bean-feast/Beano) とされ、お祭り騒ぎ・無礼講の趣向で、召使いが主人の服装をしたり、男女の衣服を取り替えたりしました。 また 一日だけ「Lord of Misrule (無礼講の王)」が任命され、余興の出し物や音楽・寸劇などを取り仕切る習慣もありました。 そのお祭り騒ぎがお開きになると、クリスマスツリーを片付け、クリスマス関連行事が終わります。

ワカサギ漁の季節
  穴釣りの 「ワカサギ (Japanese smelt)」が 美味しいですね。 ワカサギ属 (Hypomesus) の魚の一種です。 仲間の北海道の 「イシカリ ワカサギ (pond smelt)」は黒っぽい色で、北米にもいるそうです。 1997年に "発見" された「チシマ ワカサギ (Chishima smelt)」は、「千島列島は日本ではない」という宣伝に利用されないことを祈ります。 寒冷地の淡水魚ですが、“湧くようにザクザク群れる”が訛って 「ワカサギ」になったといわれます (少し無理があるような…)。 この魚が冬の代表魚になったのは、19世紀初めに 霞ヶ浦のワカサギが徳川将軍家に上納されて、「公儀御用魚」となってから。 100年後には 山中湖や諏訪湖へ移植が始まり、やがて全国の湖沼に普及したそうです。
◆ ワカサギの色は、夏鳥のアマサギ(飴鷺, Cattle egret) に似ているので「アマサギ」とも呼び、「アマサギは 冬の間は 水の中で群れている」と信じられていたとする説もあります。

スコットランドの独立は?
  英国のEU離脱は遅々として進みませんが、もし具体化すれば、並行してスコットランドの "独立" が話題にもなります。
  映画『Stone of Destiny』(英 2008年) は、「Stone of Scone」を スコットランドの4人の学生が ウェストミンスター修道院から "元の場所に移動" した事件(1950年12月) を映画化したものです。 この石は、旧約聖書の創世記(第28章) に記されている 「Stone of Jacob」だと信じられていて、スコットランド王の戴冠式は この石の上で行う慣習でした。 ところが 1296年、英王エドワード1世がロンドンに持ち帰って以降は、イングランド王の戴冠式に使われるようになりました。
  それが 654年振りに "移動" されたわけで、その後のスコットランド分離運動やナショナリズムに、じわじわと火を点けていきます。 そして、ついに1996年、"石" は 正式にスコットランドに戻され、翌年には スコットランド分離を問う最初の住民投票が行われました。 主人公が 「(その石は) 我々の自由、我々の独立の象徴だった…… 国家は、私たちがそれを忘れしまったと仮定しているから、時の経過で そうなっていく。 それが歴史だった」 と語ります。 そういう純粋で真っ直ぐな精神を持つ若者が、わが国でも多く育つことを願います。
◆ 英国旗である 「Union Flag/Jack」は、スコットランドが独立すると 「St. Andrew's Cross」(青地に白のX) が抜けます。 1603年以来 (アイルランド=赤のXが入ったのは 1801年) 親しまれてきた国旗が変わると、英連邦諸国の国旗も かなり変更せざるを得ないでしょう。

日銀のETFの原資は 私たちの年金資金
  わが国は、日銀が上場投資信託 (Exchange-Traded Fund) で日本株を買い支えることで 株価を維持していますが、その原資は 私たちの年金基金です。 海外の投資家は アベノミクス当初に 日本株を積極に買いました (2015年の買越額は約20兆円に達した) が、日銀が株価を買い支えている間に売り逃げて、現在の買越額は 半額になりました。 つまり、私たちの年金基金が 少なくとも5兆円以上、海外のお友達に "貢がれた" わけです。 その部分は、若い世代が税金の形で補っていくしかないのですが、確信犯ともいえる愚かな経済政策です。 与党が国会の議席を持ち過ぎると、こういう事態を防げないことを、学校で教えておくべきでしょうね。

第68回 グローバル化社会の教育研究会(EGS)の開催
  2月5日(火)、JR市ヶ谷駅に近い 森上教育研究所(東京都千代田区) を借りて行われます。 話題提供は 大妻女子大学の 服部孝彦先生…… 文部科学省SGH企画評価会議メンバー、国連英検統括監修官、JSAF-IELTSアカデミック・スーパーバイザーなどの役職も 多数務めておられます。
  2020年度からの大学入試改革の中身が発表され、中学・高校の英語教育の変革も 急速に進んでいるようです。 しかし、そもそも英語教育の何を変えたいのでしょうか? 何を課題や障害とし、具体的には どうやって改善していこうというのでしょうか? 様々な現場で入試改革と学校教育改革に携っておられる服部先生に、検討の場での議論の実態や 中学・高校・大学の入試の実情等について 生々しいお話を伺い、それを素に話し合います。
◆ 2月5日は、首都圏の私立中学の入試期間中ですので、どんな入試問題が出たかも ホットな話題になりますね。

1月の諸行事―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
グローバル化に対応した外国語教育推進事業 報告会--- 1月13日(日)、於:慶應義塾大学 日吉キャンパス (横浜市港北区)。 テーマ 『逆向き設計論にもとづき パフォーマンス評価を取り入れた授業』。 ※ 独・仏・韓・西・中 の外国語教育に携わる高校教師と大学関係者からなるプロジェクト(文科省研究指定)の、授業づくりの報告です。
『7つの習慣 』朝活 交流・勉強会--- 1月13日(日)、於:ドトールコーヒー(JR東京駅一番街)。 ※「主体性を発揮する」「目的を持って始める」「重要事項を優先する」「WIN-WINを考える」「理解してから理解される」「相乗効果を発揮する」「刃を研ぐ」の7つの習慣で、夢の実現を実践的に考えます。
中学生・高校生ボランティアフェスティバル2019--- 1月14日(月)、於:東京都立永福学園 (東京都杉並区)。 テーマ 『障がい者スポーツで一緒に体を動かそう!』。 ※ 部活・生徒会等でボランティア活動を行っている中・高生が集合。
グローバル化に対応した外国語教育推進事業 公開授業(ロシア語)--- 1月28日(月)、於: 関東国際高等学校 (東京都渋谷区)。 テーマ 『地域に貢献するロシア語人材育成に繋がる教育課程編成』。 ※ 渋谷区との地域連携で進められるプロジェクト。 キリル文字圏は 中央アジア〜中欧に広がっていますが、その教育は中国・韓国からも大きく遅れています。
ASIA-NET 新春特別セミナー--- 1月18日(金)、於:南部労政会館 (東京都品川区)。 テーマ 『異文化理解を深める、グローバルな地域的特性』=吉村 章 (ASIA-NET代表)。 ※ 米・仏・独の特徴とビジネスパーソン比較、ベトナム人/インドネシア人/マレーシア人を比較、日本人の特殊性と "強み" の再発見…等の解説など
第68回グローバル化社会の教育研究会(EGS)--- 2月 5日(火)、於:森上教育研究所 (東京都千代田区)。 テーマ 『2020年度からの大学入試改革の行方: 中学・高校・大学における英語教育の何が変わろうとしているのか』=服部 孝彦 (大妻女子大学・同大学院 教授、英語教育研究所 所長/早稲田大学 講師/米国セント・ジョセフ大学客員教授 教授)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ シェイクスピアの戯曲では、男装の麗人がよく登場しますが、逆は "性的な倒錯 (sexual perversion)" と捉えられることが多かったようです。 昨年 終盤から注目されているフレディ・マーキュリーも、偏見に苛まれた一人だったようですが、彼の人間讃歌の数々には 心打たれます。

◆ 上海日本人学校高等部の一般入試は 1月7日(月)です。 東京の試験会場は、JR新宿駅近くの家庭クラブ会館(東京都渋谷区) とのこと。 暮れの一時期、高等部のWEBページが開かなくなり、心配しました。

◆ 東京外国語大学では、次回2021年度入学者選抜の外国語科目を 英語のみとし、永年続いてきた 仏・独・西・中・朝鮮の各言語を 今年限りで廃止します。 文字通りの "英語偏重入試" で、大学名に恥じる蛮行です。

◆ 猪突猛進は 余り褒められたことではありませんが、「やる時にはやる」という気迫も 責任の一部です。 だから「離婚できないのなら 結婚しない」という子には、それなら止めたほうがよい と言ってしまう私です。

◆ スク―ン(Scone) は、スコットランドの古都パースの近郊です。 シェイクスピア悲劇『マクベス』 で マクベスが王に即位するのも ここ…… 最後の台詞も 「we invite to see us crown'd at Scone」です。 お菓子のスコーンと同じスペルなので、“スコーンの石” と思った生徒は 「??」。

◆ キリル文字は、駅の案内板等で目にすることはありません。 五輪の受け入れ態勢のためにも急務の課題です。 ユーラシア大陸の中央部は、地下資源確保の面から見ても、わが国の根幹に関わる地域なのですけど…。

◆ これを読まれる皆様が、健康に恵まれ 実り多き一年でありますよう。 それでは皆様、ごきげんよう。
==================================================================================================


2018年12月以前のニュースは こちら

小山和智の執筆記事・コラム等の一覧

※ ニュースのオリジナル版は、日本人学校・補習授業校にも お送りしています。
  万が一、届いていない場合には、こちらまで ご一報ください。
このぺージのトップ
海外支援センター
H O M E