2018年8月

第3222号 2018年8月15日号


8月25日「第46回東京大塚阿波おどり」
 17連、千人超す踊り手
 オープニングはトランパル大塚で


 今年もみんなでやっとさー。今回のオープニングはトランパル広場だよー。豊島区三大祭りのひとつ、「第46回東京大塚阿波おどり」が8月25日、南大塚大通りをメイン会場に、オープン1周年を迎え新生大塚のシンボルとなった大塚駅南口前ひろば「TRAM(トラム)パル大塚」を会場に、総勢17連、1千人の踊り手の参加により華やかに繰り広げられる。

»» 続きを読む


南大塚ホール落語会 8月16日午後6時から

自慢の踊り力いっぱい 東京大塚阿波おどり実行委員長 林 洋


福祉充実に役立てて
 新陽ビル(株)200万円寄付


 8月7日、新陽ビル株式会社から福祉充実のために役立ててくださいと豊島区に200万円の寄附があった。

»» 続きを読む



連携プレーで命救う
 池袋消防署長感謝状贈る


 池袋消防署は7月30日、救急業務協力者(バイスタンダー)5人に対する消防署長感謝状贈呈式を行った。

»» 続きを読む


盆踊りで集めた浄財 鬼子母神盆踊り奉行会が寄付

能代市小中学校教員招き としま教育フォーラム

テーマ「仕事と酒」 榎本クリニック無料講演会

教育について 高野区長招集挨拶

«« Go to TOP


第3221号 2018年8月01日号


池袋の新シンボル「電気バス」
 小池都知事迎えて試乗会


 「豊島区の価値を上げ、ますます地域の活性化に大きく貢献するものと確信している」と高野区長が、国際アート・カルチャー都市構想の中核と期待する、池袋副都心移動システムとして来年秋に10台程度の導入を予定している環境にやさしい「電気バス」の試乗会が7月27日、小池都知事、都幹部、区議会各幹事長、鈴木東商豊島支部会長など区主要6団体の長、岡谷池袋警察署長、合場サンシャイン社長、国際アト・カル特命大使幹事・顧問ら、それにデザインを担当する水戸岡鋭治氏が参加して行われた。整備事業費は約2億8千4百万円。

»» 続きを読む



「行政と一体となって」
 今秋、設立50周年記念式典


 区内最大の総合経済団体として「全員参加全員行動」をスローガンに地域振興、中小企業の発展・育成に取り組む東京商工会議所豊島支部(鈴木正美会長)の役員会・評議員会が7月20日、池袋西口のホテルメトロポリタンで開催され、2017年度の事業・収支決算、50周年記念式典の進捗、会員増強の取組みなど報告された。

»» 続きを読む



0歳から楽しむ
 名曲サマーコンサート


 0歳から楽しむアニメ&クラシック名曲サマーコンサートが8月17日11時30分から、池袋西口の東京芸術劇場コンサートホールで開催される。

»» 続きを読む


子どもの"食"支援 ひとり親世帯のために

小中学生が地域を歩いて映像制作

池袋西口榎本クリニック 夏祭りイベント


「夢の虹」イベント
 マンガの聖地トキワ荘通り


 トキワ荘があった街・豊島区南長崎にある通称「トキワ荘通り」で8月4日午後5時から、年に一度だけ車を通行止めにして「夢の虹」を描くイベントが開催される。今年で5回目。(写真は昨年)

»» 続きを読む


ISPに「アロエガーデン」

新文芸坐、戦争をテーマに連続上映

«« Go to TOP


トップページ バックナンバー 豊島区の選挙 紙面で見る
区民の歴史
リンク集 豊島新聞について

豊島新聞綱領

本社事務所
〒170-0013
豊島区東池袋
1-21-11
オークビル5F

豊島新聞は
毎週水曜日
発行です

8月15日号
8月01日号

民の情報紙

株式会社
豊島新聞社

豊島新聞
TEL
3971-0423
FAX
3986-4244
情報・投稿
購読申込み
購読料
3ヶ月2,700円